『かわいい』が生まれる場所。

YouTubeで自分のコメント表示されない原因と確認・削除方法!

YouTubeで自分のコメント表示されない原因と確認・削除方法!

YouTubeの動画内には、誰もが書き込めるコメント欄がありますよね。

動画を視聴した後にコメントを残す人も多いでしょう。

自分のコメントに対して他の誰かが返信してくれたり、動画をアップした人から「いいね」が来ることもあります。

自分のコメントから色々な人と会話できたり、動画内の話をして盛り上がったりすることもあるかと思います。

しかし、実際に、過去に書き込んだコメントを見てみようと思ったら自分のコメントが表示されなくなっている事態も起こっているそうです。

今回は、YouTube内で自分がコメントが表示されないときの理由や対処法について紹介していきます。

YouTubeで自分のコメントが表示されない原因は?

YouTubeにおいて自分のコメントが表示されない理由はいくつかあり、主な原因を紹介していきます。

コメントには様々な制約があったり、パソコン側の問題でコメント欄が表示されない場合があります。

それぞれの理由について見ていきましょう。

投稿者に自分のコメントが削除された

所有者によってコメントが削除されてしまうと、当然コメントは表示されません。。

YouTubeのガイドラインには触れていなくても、所有者さんに何かしら不適切な発言をしたり、書かれてほしくない内容だった場合は削除されてしまう可能性があります。

YouTubeはネット世界の中でも比較的安易にコメントしやすいものです。

特にYouTubeは、今では誰もが知っている動画サイトです。

無料ということもあり、子供から大人まで、多くのユーザーが使用しています。

老若男女が使っているため、世代や男女の価値観など違う人が多数動画を見ており、動画に対して否定的な発言をする人がどうしても出てきてしまうのが現状です。

そういった事態が起こると、悪質なコメントなどは所有者から削除されてしまいます。

動画が承認制になっている

実はYouTubeのコメント欄は各所有者によってある程度管理されています。

動画自体が承認制に設定されていると、コメントされた内容を所有者が確認し、承認されたものしか欄にコメント欄に反映されません。

投稿したのにすぐに反映されない場合はその動画が承認制になっていて、所有者からの承認待ちの状態なのかもしれません。

少し時間をおいて再度確認してみると投稿した内容がでているでしょう。

コミュニティガイドライン違反

悪意のある発言や他人に対する悪口、悪質な発言はコミュニティガイドライン違反と判断されてコメントが表示されないようになってしまいます。

手軽に誰でも使えるYouTubeなのでついつい行き過ぎた発言をしてしまうこともあるかもしれません。

しっかりと規約があるので悪意のある発言は避け、コメントを非表示にされないようにしましょう。

また、アカウントやチャンネルを持っている方は、利用停止になってしまったりサービスの制限を受けてしまう可能性があるので注意が必要です。

セキュリティソフトやブラウザの機能が邪魔をしている

PC内に入っているセキュリティソフトがYouTubeのコメントに反応して非表示にしてしまうことがあります。

PCの安全を守るためのセキュリティソフトですが、時には邪魔をしてくるので反応しないように一時的にソフトを切っておきましょう。

また、ネット経由で視聴している人は、ブラウザの拡張機能が勝手に作動してコメントを非表示にするといった事例もあります。

ネット上で他のアプリなどをインストールすると勝手に拡張機能が追加されている場合があり、知らない拡張機能が邪魔をしているのかもしれません。

自分が使用しているブラウザの設定から拡張機能がどれだけあるのかを確認できたりするので、不要な場合は削除しておきましょう。

ここまでがYouTubeのコメントが表示されない主な原因の説明でした。

次に、自分のコメント履歴を確認する方法を紹介していきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。