『かわいい』が生まれる場所。

radikkerで東京のラジオを聴く!無料アプリの使い方と注意点

radikkerで東京のラジオを聴く!無料アプリの使い方と注意点

radikkerでできること

radikkerというアプリでは、以下の3つのことができます。

地方にいても東京のラジオが聴ける

radikkerを使う最大のメリットは、地方にいても東京のラジオ番組が聴けるという点です。

インターネットに接続されているiPhoneさえあれば、特別な機器を用意する必要がなく、無料で東京のラジオ番組が楽しめます。

バックグラウンド再生ができる

radikkerは、バックグラウンド再生が対応しているので、radikkerのアプリを閉じていても、スマホの画面が暗くなってもラジオを聴くことができます。

つまり、通勤中や運転中にラジオを聴いたり、ラジオを聴きながらネットサーフィンをしたり、他のアプリを操作できるというわけです。

アプリを閉じたり、画面が暗くなるたびにラジオが途切れるとストレスを感じることもあるので、バックグラウンド再生ができるのは嬉しいですよね。

Twitterアカウントと連携できる

radikkerは、自分のTwitterアカウントと連携できる機能が備わっています。

連携させると画面下部の吹き出しアイコンがタップできるようになり、ここをタップするとツイート画面にするため、radikkerのアプリ内でツイートを投稿することができます。

なお、ラジオ番組のプレゼント応募企画では、ツイートが応募条件となっている場合も多いので、ラジオを聴きながら簡単に応募できてとても便利です。

radikkerで東京のラジオを聴く方法

radikkerの概要がわかったところで、早速このアプリを使って東京のラジオを聴いてみましょう!

東京のラジオを聴くには、以下の手順で操作を進めて下さい。

実は、一旦東京のラジオ番組に設定すれば、その後はWi-Fiに接続してもそのまま東京のラジオを聴き続けることができるのです。

Wi-Fi接続に戻さないと、ラジオを聴いたり、動画や音楽のストリーミング再生をすることであっと言う間にデータ通信量の上限を超えてしまい、速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかると、高速通信ができなくなるため、動画や音楽が再生できなくなったり、画像の表示が遅くてストレスを感じてしまうでしょう。

そのため、モバイル回線からWi-Fi接続に戻すのを忘れないで下さい。

radikkerはCarPlayにも対応!

「CarPlay」とは、iPhoneの画面をカーナビの画面にそのまま表示できる、Appleが開発した車載システムのことです。

iPhoneとCarPlayに対応しているカーナビをLightningケーブルで接続するだけで使えます。

このCarPlayを利用してradikkerを起動すれば車のオーディオで聴けるようになるので、ラジオを楽しみながらドライブすることも可能です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。