『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期する方法!自動同期で安心!

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期する方法!自動同期で安心!

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期する準備

ここでは、iTunesとWi-Fiで同期するための準備について解説します。

iPhoneの「設定」から「iTunes Wi-Fi同期」を開く

こちらの手順は、iOS13以降では不要です。(設定項目がなくなっています)

iOS13より前のバージョンを使っている方は、設定アプリを開いて「一般」→「iTunes Wi-Fi同期」を開きましょう。

「今すぐ同期」をタップすると手動で同期させることも可能です。

iPhoneとパソコンをケーブルでつなぐ

Wi-Fiで同期したいiPhoneとiTunesを、インストール済みのパソコンをLightningケーブルなどでつなぎしましょう。

設定後はWi-Fiで同期できますが、初期設定時はケーブルでつなぐ必要があります。

Lightningケーブルは、充電のみのタイプと充電・通信の両方行えるタイプの2通りあります。

今回は通信を行うので、充電・通信の両方行えるタイプのLightningケーブルを使いましょう。

iTunesから「wifi経由でこのiPhoneと同期」を選択

パソコンとつないだら、パソコン側でiTunesを開き、メニュー下の「スマホマーク」をクリックします。

設定画面が開いたら、オプションの項目にある「wifi経由でこのiPhoneと同期」をクリックしてチェックを入れます。

選択項目が見つからない場合は、「概要」タブを開くと見つかります。

最後に、画面下の「適用」ボタンをクリックして設定完了です。

「適用」のクリックを忘れてしまうと、設定が保存されないので注意しましょう。

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期する方法

iTunesとWi-Fiで同期する準備ができたら、次に同期する方法を解説します。

パソコンとiPhoneを同じWi-Fiにつなぐ

iTunesとWi-Fiで同期するためには、パソコンとiPhoneを同じWi-Fiにつなぐ必要があります。

といっても、ほとんどの場合自宅などで使用しているWi-Fiは1種類の方が多いはずなので、複数のWi-Fiを使っている方以外はあまり気にしなくても大丈夫です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。