『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期する方法!自動同期で安心!

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期する方法!自動同期で安心!

「iTunes Wi-Fi同期」から「今すぐ同期」をタップ

iOS13より前のバージョンを使っている方は、「設定アプリ」から「一般」→「iTunes Wi-Fi同期」の順に進み、「今すぐ同期」をタップすることで手動でも同期をすることができます。

ちなみに、iOSのバージョンが13以降の場合は、同じWi-Fiにつなぐだけで自動的に同期してくれます。

自動で同期させる方法

手動でWi-Fi同期する方法を解説しましたが、ここでは自動で同期させる方法について解説します。

自動で同期させる方法はとても簡単です。

パソコンとiPhoneを同じWi-Fiにつないだら、iPhoneを充電するだけ。

たったこれだけの手順でWi-Fiを使って同期することができます。

自宅のWi-Fiへは自動接続する設定になっている方がほとんどだと思います。

普段どおりiPhoneを充電するだけで同期も完了するのでとても便利ですね。

【iPhone】iTunesとWi-Fiで同期できないときの対処法

Wi-Fiを使って同期ができないときの対処法を解説します。

上から順に一つずつ試してみてください。

iPhoneを再起動

iPhoneの一時的な不具合の可能性があるため、再起動を試してみてください。

再起動の方法はiPhoneのモデルによって異なります。

iPhone11やiPhoneXは、サイドボタンと音量ボタン(片方)を同時に長押しして電源マークが表示されたらスライドして電源を切ります。

そして、サイドボタンを長押しすれば再起動できます。

iPhoneSE(第2世代)やiPhone6〜8は、サイドボタンを長押しして電源マークが表示されたらスライドして電源を切り、サイドボタンの長押しで再起動が可能です。

iPhoneSE(第1世代)やiPhone5以前のモデルでは、トップボタンの長押しで電源マークが表示されるのでスライドして電源を切り、トップボタンの長押しで再起動できます。

右スワイプで再起動

iTunesを再起動

iTunesの一時的な不具合の可能性ががあるのでを再起動してみてください。

再起動するには、ウィンドウ上部の×ボタンをクリックして終了し再度iTunesを起動します。

起動したら、Wi-Fiで同期できるか確認してください。

iPhone/iTunesのバージョンを確認

iPhoneとiTunesをそれぞれ再起動しても改善しない場合は、iPhoneとiTunesがそれぞれ最新のバージョンになっているか確認してみてください。

最新のバージョンにすることで、不具合が改善される可能性があります。

iPhoneのバージョン確認方法

iPhoneのバージョンを確認する方法は以下のとおりです。

アップデートのダウンロードとインストールは時間がかかる可能性があるので、時間に余裕があるときに実行してください。

iTunesのバージョン確認方法

iTunesのバージョンを確認する方法は下記のとおりです。

こちらも時間がかかる可能性があるので、時間に余裕のあるときにインストールするのがおすすめです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。