『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】位置情報のギモンを解決!位置情報をオフにする方法は?

【LINE】位置情報のギモンを解決!位置情報をオフにする方法は?

【LINE】位置情報の活用法

位置情報の共有が安全であることがわかったところで、位置情報がどのように活用できるのか説明していきます。

災害情報を受け取れる

LINEで位置情報の共有をオンにしていることで、自分がいる地域に合わせて災害情報を受け取ることができるんです!

さらに、大規模災害が発生した地域では、受け取った災害通知から自身の安否をタイムラインで友人に知らせることができるようになっています。

また、LINEの機能の中には、2011年に発生した東日本大震災の被害を受け、実装されたものが多くあります。

『既読』の機能もその1つです。

以下はライン公式ブログより抜粋したものです。

LINEは、2011年3月の東日本大震災発生時にはまだこの世に存在していませんでした。まさに開発途中だったので、社員一同、「こういうときにこそ、大切な人と連絡を取ることができるサービスが必要だ」と強く感じ、3ヵ月後の6月にLINEを誕生させました。「既読」マークは、相手が緊急事態で返信すらできなくてもメッセージを読んだことが伝わるように、と付けた機能です。

大事なときの“ホットライン”としても使えるように、という想いを込めて、『LINE』はできました。

LINE Beacon

LINE Beaconと位置情報の共有をオンにしていることで、街中のビーコン端末から発せられる情報を元に、お得なクーポンや店舗情報などを受け取ることができます。

近づくだけで自動的に情報を受け取れるため、ホームページや広告などを開かずとも情報を受け取れるようになっているのです。

自動的にお得な情報を入手できるなんて便利ですよね!

ビーコンとは低消費電力の近距離無線技術を利用した新しい位置特定技術、またはその技術を使った端末のことを指します。身近なところではショッピングモールの施設内のマップや店舗ごとの商品の宣伝などに使用されています。GPSと異なり、近距離通信によって情報を発信しているため屋内や地下にいても情報が受信できるのです。

待ち合わせ場所などの共有

LINEで位置情報を共有を許可すると、自身の位置情報をトークやノートで共有することができます。

さらに目的地や住所などで検索して住所を送信することもできるのです!

待ち合わせ場所などを事前に送信することもできるので、非常に便利ですよね。

【LINE】位置情報の活用法

  1. 災害情報を受け取れる
  2. LINE Beacon
  3. 待ち合わせ場所などの共有

【LINE】位置情報を共有する方法

便利な位置情報の共有ですが、まずどのように自分の居場所を共有するのか気になりますよね。

ここからは位置情報の共有方法を説明していきます。

トークルーム

トークルームで個別に位置情報を送りたい、という方は多いのではないでしょうか?

まずは、トークルームで位置情報を送信する方法を説明します。

送信手順は以下の通りです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。