『かわいい』が生まれる場所。

iCloudのバックアップを削除するとどうなる?できないときの対処法も

iCloudのバックアップを削除するとどうなる?できないときの対処法も

iCloudのバックアップを削除する方法

バックアップを削除するとどうなるか分かったところで、次に実際に削除するときの具体的な操作手順をチェックしていきましょう。

バックアップを個別に削除する

バックアップされたデータを個別に削除する方法として、iPhoneの『設定』アプリから削除する方法とiCloudの公式サイトにアクセスして削除する方法の2種類があります。

まずは、『設定』から個別に削除するときの操作手順をチェックしていきましょう。

また、写真や連絡先のデータであれば、iCloudの公式サイトからひとつひとつデータを削除することも可能です。

操作手順

  1. iCloudの公式サイト(https://www.icloud.com/)にアクセスしたら、『Apple ID』を入力して『→』をタップ。
  2. Apple IDのパスワードを入力して、『→』をタップ。
  3. 2ファクタ認証を設定している場合は、6桁の確認コードを入力してログイン。
  4. ログインに成功したら、削除したいデータに該当するアイコンをタップ(写真を削除したい場合は『写真』というように)。
  5. そこで、削除したいデータを個別で選択して削除すればOK。

iOSデバイスから一括削除

バックアップを一括で削除したい場合は、iPhoneの『設定』アプリから削除することができます。

一括で削除するには、以下の手順で操作を行って下さい。

Macから一括削除

続いて、Macからバックアップを一括で削除する方法を紹介していきます。

操作手順

  1. 画面左上にあるAppleメニューをクリック。
  2. 『システム環境設定』をクリック。
  3. 『Apple ID』をクリック。
  4. 『iCloud』をクリック。
  5. 『管理』をクリック。
  6. 『バックアップ』をクリック。
  7. 削除したいバックアップを選択して、『削除』をクリック。
  8. 『バックアップデータを削除してもよろしいですか?』と表示が出たら、『削除』をクリック。

Windowsから一括削除

Windowsのパソコンをお使いなら、『Microsoft Store』からiCloudのアプリをインストールできます。

これを使えばブラウザからログインしなくても、iCloudに保存しているデータにアクセスできるようになります。

ここでは、Windows向けのアプリを使って一括削除する方法を紹介していきます。

操作手順

  1. 画面左下のスタートボタンをクリック。
  2. 全てのメニューの中から、『iCloud』を選択。
  3. iCloudを開いたら、『保存容量』をクリック。
  4. 『バックアップ』をクリック。
  5. 削除したいバックアップを選択して、『削除』をクリック。
  6. 『バックアップデータを削除してもよろしいですか?』と聞かれたら、『削除』をクリック。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。