『かわいい』が生まれる場所。

ClipboxからKingbox.へデータを移行する方法(パソコンを利用する方法)

ClipboxからKingbox.へデータを移行する方法(パソコンを利用する方法)

iOS版Clipboxのサービス終了が発表されました。代わりとして案内されているKingbox.。PCを利用して、このアプリにClipbox内のデータをコピーする方法をご紹介します。

PCがない場合のデータ移行方法

ClipboxからPCにデータを保存する方法

まずは、ClipboxからPCにデータをコピーしましょう。

1.ケーブル(充電コード)とPCを繋ぎ、iTunesを立ち上げます。

2. iTunesが立ち上がったら、左上の端末マークをクリック。

iTunesを使用してのバックアップ

3. 画面左側の「ファイル共有」から、「Clipbox」を選択しましょう

iTunesを使用してのバックアップ

※iTunesのバージョンが古いと、「ファイル共有」ではなく「App」となっていることがあります。その場合、iTunesをアップデートするか、App > ファイル共有 と進んでください。(インストールしているアプリの数が多いと、「ファイル共有」が画面に見えていないことがあります。下の方にスクロールして探してください。)

iTunesを使用してのバックアップ

Clipboxを選択すると、「Clipboxの書類」内にClipbox内のファイルが表示されます。バックアップしたいファイルやフォルダを選択して、「保存先…」をクリックしましょう。
※CtrlやShiftを押しながらの複数選択も可能です。

4. 保存先を選択して、「フォルダーの選択」をクリック

iTunesを使用してのバックアップ

これで保存完了です!
※保存先はデスクトップ等にしておくとわかりやすいのでオススメです。

PCからKingbox.にデータをコピーする方法

PCにClipbox内のデータが保存できたら、Kingbox.にデータを戻していきましょう。予めiPhoneにKingbox.をインストールしておいてください。

1. 「ファイルを追加」をクリック

PCからデータをコピーする方法

基本的な動作はClipboxからPCにデータを移行する際と同じです。iTunesを開き、「ファイル共有」でKingbox.を選択。「書類」が開いたら「ファイルを追加」をクリックします。

2.「開く」をクリック
PCからiPhoneにデータをコピーする方法

保存をしていたPC上のフォルダから、iPhoneに戻したいファイルを選択し、「開く」をクリックします。

3. フォルダごと戻したいときはドラッグ&ドロップ

PCからiPhoneにデータを移行する方法

フォルダに入った複数のファイルをアプリに戻したいときは、「書類」の欄にPC上のフォルダをドラッグ&ドロップすることで簡単に戻せます!

macOS Catalina(カタリナ)での移行方法

iPhoneユーザーでmacOS Catalinaが搭載されたPCを使用している場合は、下記の手順を参考にしてください。

  1. iPhoneをUSBケーブルでMacに接続します
  2. 自動的に開かない場合は「Finder」を開いてください
  3. 左側のサイドバーより接続された端末を選択してください
  4. タブより「ファイル」を選択
  5. Clipboxを選択
  6. 保存したいファイルをデスクトップへドラッグアンドドロップします
  7. 「ファイル」でKingbox.を選択し、PCに保存したファイルを戻します

ClipboxからPCへのバックアップがうまくいかない時は…

■「ファイルが見つかりません」と表示される
フォルダ名またはファイル名に使用禁止文字が使われている可能性があります。使用禁止文字はOSによって異なりますが、特に半角記号や「ば」「ぱ」等の濁音・半濁音等に注意しながら確認し、該当するものがあればアプリ内でのリネームを試してみましょう。

機種依存文字の例

記号 名称
:
コロン
;
セミコロン
/
スラッシュ
\
バックスラッシュ(円記号)
|
パイプ
,
カンマ
*
アスタリスク
?
クエスチョンマーク
クォーテーションマーク
<
小なり
>
大なり

※あくまでも一例となります。

■アプリが開けず、リネームができない
アプリが固まってしまっている等、アプリ内でのリネームができなくても、iTunes上で変更が可能です。該当するファイル・フォルダを選択してキーボードの「F2」ボタンを押すことで、ファイル・フォルダ名を変更することができるので試してみてください。

ただし、フォルダ内に保存されているファイルのタイトルはこの方法で変更することはできません。エラーが表示されてしまうと、それ以降のデータのバックアップが進まなくなりますので、他のデータをバックアップするためには、削除するしかありません…
※iTunes上で該当フォルダを選択し、キーボードの「Delete」ボタンを押すと削除が可能です。

■iTunesに入らないファイルがある
複数のファイルを一度にiTunesにコピーした際、入らないファイルが出てくることがあります。

原因は、タイトルの長さ。iTunesのシステム上、長すぎるタイトルのファイルが弾かれてしまうことがあるようです。

アプリ内での表示のことも考えると、長くても100文字前後に抑えるのがおすすめです。長いタイトルのファイルは、PC上でリネームしておきましょう。

それでもうまくいかない場合は、Clipboxオフィシャルサイトからメールで問い合わせが可能です。使っている端末や表示されているエラーの内容などを添えて、メールでお問い合わせをしてみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。