『かわいい』が生まれる場所。

Google Meetで画面共有する方法。できないときの対処法も紹介

Google Meetで画面共有する方法。できないときの対処法も紹介

Google Meetで画面共有する方法《基本編》

Google Meetで画面共有する方法を解説していきます。まずはGoogle Meetを起動して下さい。

「あなたの全画面」を共有

操作している端末で見ている画面が、そのまま共有されるのが全画面共有です。画面下部のバーの右の方にある「今すぐ表示」を選択します。

画面を共有すると表記されたウィンドウが出てきます。

Meet1

あなたの全画面を共有するを選ぶと、そのまま参加者があなたの全画面を見ることができます。

「ウィンドウ」を共有

全画面ではなく、特定の画面だけを共有したい場合は「ウィンドウ」を共有を選択することで可能になります。自分だけが見たい資料と、参加者にも共有したい資料を使い分けたい時は「ウィンドウ」を共有するようにします。

操作の流れは、「あなたの全画面」を共有の場合と同じです。Google Meetの画面下部にある「今すぐ表示」を押した後、「ウィンドウ」を選ぶと、その後、共有したいウィンドウを指定する画面に遷移します。共有したいウィンドウを選択して「共有」を押せば操作完了です。

「Chromeタブ」を共有

ChromeとはGoogle Chromeの略称で、Google Meetを提供しているGoogle社が開発した無料で使用できるWebブラウザです。Chromeは同時に複数のタブを開いて、Webサイトを閲覧することができます。Webブラウザを使用する際に、元の画面を残したまま、他のサイト情報を見る使い方をされている方が多いかと思います。

「Chromeタブ」を共有は、Chromeで複数タブを開いていて、その中から特定タブだけを見せたいという場合に便利です。こちらも操作は同様に、「今すぐ表示」から「Chromeタブ」を選びます。

Meet3

現在開いているタブが一覧で表示されるので、その中から共有したいものを選択し、共有を押します。また、共有する際に「音声」も共有するかどうかをこの時に選ぶことができます。

「音声を共有する」にチェックを入れておくことで、Youtubeなどの動画を共有したい場合に、映像と合わせて音声も共有が可能です。

画面共有中にチャットを送る

Google Meetにはチャット機能も搭載されています。チャットはオンライン会議中にやり取りできますが、画面共有中にもチャットを送ることができます。

Meet4

Google Meetの画面上部にある吹き出しのアイコンを押すと、チャットが開きます。

画面共有を終了する

一通り資料などの説明を終えて画面共有を終了したい場合は、画面上に表示されている「共有を停止」を押します。

Meet5-1

「共有を停止」を押せばいつでも好きなタイミングで終了させることが可能です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。