『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】複数アカウントの作り方!どんなメリットがあるの?

【YouTube】複数アカウントの作り方!どんなメリットがあるの?

YouTubeでアカウントを複数持つ方法とは?

YouTubeで複数アカウントをもつ方法には、「ブランドアカウント」と「Googleアカウント」がありますが、公式ヘルプページでは以下のように説明されています。

POINT

  1. ブランドアカウント:同じGoogleアカウント内で切り替え可能。複数ユーザーが管理できる
  2. Googleアカウント:YouTubeにログインするために必要。Googleのサイトで複数作成できる

ブランドアカウントは複数のユーザーで動画を管理でき、ジャンルごとにチャンネルが作れるので、動画投稿者におすすめです。

それに対してGoogleアカウントは、全く別のアカウントとなるので、お気に入り登録した動画がジャンルごちゃ混ぜになることを防げます。

どちらかというと視聴者側におすすめの機能です。

では、それぞれの作成手順を紹介します。

1つのGoogleアカウントでブランドアカウントを作る

まずは同じGoogleアカウント内で切り替えられるブランドアカウントの作り方です。

YouTubeにログインしたら、右上のアイコンを選択します。

アイコンをクリックする

続いて「設定」を選択。

設定を選択

すると下記の画面に移動するので、「チャンネルを追加または管理する」をクリックしてください。

チャンネルを切り替え

チャンネル一覧画面へ移動しました。現在選択しているチャンネルが赤枠で囲われています。

画面左にある「+」マークを選択すると、新しいブランドアカウントを作成できますよ。

切り替え画面

複数のGoogleアカウントを作る

YouTubeはGoogleアカウントと紐づいているので、複数のGoogleアカウントを作れば自動的にYouTubeに反映されます。

Googleアカウントの増やすには、まずGoogleのホーム画面へ移動して右上のアイコンを選択してください。

Googleのホーム

下記のようなメニューが表示されるので、「別のアカウントを追加」を選択。

アカウントの登録

「アカウントを作成」を選択しましょう。

アカウントを作成

すると、自分用かビジネス用のどちらを作成するか確認されます。

個人で利用する場合は「自分用」を選べばOK。

自分用を選択

下記の画面になったら、アカウント作成に必要な情報を入力しましょう。

情報を入力

これで新しいGoogleアカウントの作成が完了です。

続いて、YouTube上で別のアカウントに切り替える方法をご紹介します。

まずはYouTubeのホーム画面を開き、右上のアイコンをクリックしましょう。

アイコンを選択

メニュー画面が表示されたら「アカウントを切り替え」を選択します。

アカウント切り替え

すると、自分が持っているGoogleアカウントがすべて表示されるので、該当するアカウントを選択しましょう。

アカウントを切り替える

トップ画面から簡単に切り替えが可能なので、「Aのアカウントには料理動画、Bのアカウントには音楽動画」などと分けて登録しておくと管理がしやすくなりますよ。

YouTubeで複数のアカウントを持つメリット《投稿編》

YouTubeの利用頻度が少ない人にとっては、複数アカウントをわざわざ作る手間の方が大きいように感じてしまいます。

しかし、今後もYouTubeを利用したいと考えているのであれば、複数アカウントのメリットを知っておいて損はありません。

まず、投稿者にとって複数アカウントをつくるメリットは、以下の3つが挙げられます。

POINT

  • チャンネルの管理がしやすい
  • 名義を複数持てるので、別人として投稿できる
  • アカウント停止のリスク管理

3つのメリットについて詳しく解説します!

チャンネルの管理が楽になる

さまざまなジャンルでの動画投稿をしたい場合は、複数アカウントをつくってジャンル分けをすると、管理が楽になります。

この時にチャンネル名を工夫すると、視聴者にとってもわかりやすくなります。

某有名YouTuberの方も「名前+Blog」や「名前+Games」等の名前に設定しており、一目で「Blogは日常的なことをテーマにした動画」「Gamesはゲーム実況動画なんだろうな」と分かりますよね。

複数の名義で投稿できる

複数アカウントを持つということは、名義を変えることも可能です。

そもそもYouTubeはTVとは違い、「自分が知りたい情報をサクッと知る」ことをユーザーが求めています。

例えば料理と釣りなどの、まったく違うジャンルの動画がごちゃ混ぜになっている場合、視聴者が「自分が欲しい情報がすぐに見つからない」と感じると、離れていってしまいます。

複数アカウントであれば、ジャンルの異なる動画を全くの別人として投稿することも可能。

それぞれのジャンルに特化した動画が作れるので、視聴者も「料理の情報が知りたい時はAのチャンネル」「釣りの情報が欲しい時はBのチャンネル」と区別できるようになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。