『かわいい』が生まれる場所。

音でデータを送信!ポイントカードにも!「Zeetle」の使い方とは?

音でデータを送信!ポイントカードにも!「Zeetle」の使い方とは?

仲良くなりたい人と、気軽に連絡先や写真を交換できれば良いなと思ったことはありませんか?

そんなときには、「Zeetle」というアプリがおすすめです。

しかし、Zeetleがどんなアプリなのか分からない人も多いかと思います。

今回はZeetleの概要や使うメリット、使い方などを解説していきます!

Zeetleとは?

そもそも、Zeetleとはどんなアプリなのでしょうか?

具体的な操作方法を説明する前に、Zeetleがどんなアプリなのか詳しく解説していきます。

音でデータ送信ができるアプリ

「Zeetle(ジートル)」とは、「Zee」という音でスマホに保存しているデータを送信することができるスマホアプリで、iOSとAndroidの両方に対応しています。

Zeetleでデータを送信するには、送信側と受信側の両方のスマホにアプリをインストールしておく必要があります。

そして、送信側が発する「Zee」という音を受信側のスマホが聞き取ることで、データを送受信できる仕組みになっています。

画像や動画、連絡先、PDFファイル、Wordファイルを送受信することができます。

ポイントカードとしても利用できる

Zeetleは写真や連絡先などのデータを交換できるだけでなく、ポイントカードとしても利用することができます。

Zeetleに加盟している店舗のポイントカードを追加しておき、加盟店に設置してある専用端末にスマホをかざすだけでポイントが貯められます。

わざわざポイントカードを持ち歩く必要もなくなり、財布の中がポイントカードでかさ張らなくなるというメリットもあります。

なお、Zeetleの加盟店はアプリで検索することができます。

Zeetleを使うメリットは?

「Zee」という音でデータを交換できるZeetleですが、どんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、Zeetleを使うメリットを4つ紹介していきます。

連絡先の交換なしでデータが送れる

Zeetleを使う最大のメリットは、電話番号やメールアドレスを交換しなくても写真や動画などのデータを送れる点です。

近年では、よほど親しい人じゃないと電話番号やメールアドレスを交換しない人も多いのではないでしょうか?

ですが、そういった人とも写真や動画を交換したいときもあると思います。

そんなときにZeetleをインストールしておけば、連絡先を知らない人とも気軽にデータを交換することができるのです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。