『かわいい』が生まれる場所。

FacebookのURLを確認!短縮&変更で自由にカスタマイズも!

FacebookのURLを確認!短縮&変更で自由にカスタマイズも!

FacebookのURLを短くスッキリさせたいなら

FacebookのプロフィールURLを取得したあと、そのまま共有しても大丈夫ですが、どうせなら見た目もスッキリ分かりやすいURLへ短縮したいですよね。

インターネット上でURLを載せる場合でも、URLの見た目はスッキリしている方が安心感を持たれやすいといわれています。

特に紙媒体の広告や名刺などに掲載する場合にはURLは短い方が見栄えもよくなり、アクセスもしやすいです。

いくつか方法がありますので、使いやすい方を選んでみてください。

「fb.com」を使う

Facebookが公式で発表している短縮URLです。

https://www.facebook.com/sample

プロフィールURLの前半部分「www.facebook.com」を「fb.com」に変更することで短縮することができる方法です。

この箇所に関しては自分自身で書き換えてしまって大丈夫です。

スペルさえ間違えなければ正しく機能するようになっているので、短縮させたURLを一度自分でアクセスして、きちんとプロフィール画面が表示されるかチェックすることをおすすめします。

機能しない場合はスペルが間違っているか、独自で設定したユーザーネーム(「sample」の部分)が間違っている可能性があります。

プロフィール画面からプロフィールURLをコピーして、「www.facebook.com」の箇所だけを書き換えるようにすると、確実にアクセスできるURLとして使用が可能です。

「bitly」を使う

「bitly」とは、アメリカ合衆国で作られたクラウド型のURL短縮サービスのひとつです。

こちらは会員登録が必要ですが、短縮URLを作成するだけであれば無料で利用が可能です。

有料のEnterpriseプランの場合はbitlyのドメインではなく、独自ドメインで短縮URLを作成することができるようになるほか、解析機能も付属しています。

例えばTwitterの投稿では140文字の文字数制限があるため、普通にURLをペーストすると文字数を多く使ってしまいます。

FacebookのURLを短縮するだけでなく、様々なサイトのURLを短縮する機会が多いのであれば登録しておくと便利かもしれません。

アメリカのサイトのため英語でサイトが構成されています。

英語に不安な方でも分かるようにご紹介しますが、心配な方は翻訳サイトで翻訳しながら進めることをおすすめします。

まずは「bitly.com」のサイトへアクセスし「Get Started for Free」をタップします。

bitly1

無料版を使用する場合、さらに「Get Started for Free」をタップします。

bitly2

会員登録を進めます。

Googleアカウントを使ってサインアップするか、ユーザーネーム・メールアドレス・パスワードを設定してサインアップします。

bitly3

サインアップが完了するとマイページへ移動します。

上部「CREATE」ボタンを押します。

bitly4

「PASTE LONG URL」という箇所に、短縮したいURLを入力し、ページ下の「CREATE」ボタンを押します。

bitly5

左上にオレンジの文字で表示されているURLが短縮されたURLです。

bitly6

長押しするとメニューが出てくるので、「リンクのURLをコピー」を選択することで、短縮URLを使うことができるようになります。

bitly7

自分流にカスタマイズしてプロフィールURLをうまく使おう

Facebookはビジネスで利用されることも多く、採用面接などでもFacebookがいい自己アピールの場になる可能性があります。

また属している企業の広報として利用されている人も多いですね。

自分のプロフィールURLを他人に共有することで、自分の活動や考えを知ってもらえる機会が増えます。

日ごろからFacebookを使用している方であれば共有するメリットは多いはずです。

自分が運営しているお店のFacebookページを広告に掲載する際にもカスタマイズは必要です。

ぜひ今回の記事を参考にプロフィールURLを使いやすくカスタマイズして、うまく活用しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。