『かわいい』が生まれる場所。

iPhone「このアクセサリは使用できない可能性があります」対処法を解説!

iPhone「このアクセサリは使用できない可能性があります」対処法を解説!

iPhoneを充電しようとした時、「このアクセサリは使用できない可能性があります」というメッセージが表示されて充電できなくなったことはありませんか?

iPhoneが充電できないとバッテリーが切れてしまうため、早めに対処することが大切です。

今回は、エラーメッセージが表示される原因や対処法を詳しく解説していきます。

【iPhone】「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因は?

充電ケーブルをコンセントやPCに接続した時、「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示されて充電できない場合は、以下の4つの原因が考えられます。

充電ケーブルが純正ではない

このようなエラーメッセージが表示されるのは、使用している充電ケーブルが純正ではないからかもしれません。

Amazonなどの通販サイトを見てみると、500円くらいで買える充電ケーブルが多数販売されていると思います。

一方、Apple純正の充電ケーブルは一番安いものでも1,800円もするため、それよりも安価な充電ケーブルを購入している人は多いでしょう。

しかし、500円くらいで買えるような安価な充電ケーブルは基本的にAppleが公認していない非純正の製品です。

ちなみに、非純正の充電ケーブルを使うと

  • iOSのアップデートによって使えなくなる
  • iOSデバイスと同期できなくなったり充電できなくなる
  • 充電中に異常に熱くなる
  • ケーブルが損傷しやすい

などの様々な不具合が発生する可能性が高いです。

したがって、付属していた純正の充電ケーブルが使えなくなり、Amazonなどで安価な充電ケーブルを購入したという人は、これが原因でエラーが発生している可能性が高いでしょう。

充電ケーブルの故障

Apple純正の充電ケーブルを使用しているのにこのようなエラーメッセージが表示される場合は、ケーブル自体が故障している可能性があります。

中には、充電が終わった後に強い力でケーブルを引っこ抜いている人もいるかもしれません。

ケーブルの内部は意外と傷つきやすいものです。

なお、製品によっては一ヶ月も持たずに故障してしまうものも。

まずは、友人や家族のiPhoneを借りて同じケーブルを使って充電できるか確認してみて下さい。

他のiPhoneでも使用できないようなら、ケーブル自体が故障している可能性が高いでしょう。

接触不良が起きている

ケーブルが故障していないのに正常に動作しない場合は、接触不良が起きている可能性があります。

そのため、充電ケーブルを奥までしっかりと挿しこんでいるか、接続部分にホコリや異物が入っていないか確認してみて下さい。

バッテリーの劣化

接触不良が起きていないのにそれでも正常に動作しない場合は、iPhoneのバッテリーが劣化している可能性があります。

同じiPhoneを長年使用していると、当然バッテリーも徐々に劣化していきます。

バッテリーが劣化すると、充電の減りが異常に早くなったりiPhoneが正常に動作しなくなるなど、様々な不具合が起きやすくなります。

なお、バッテリーの平均寿命は約3年と言われています。

ただ、iPhoneを高温状態で放置したり充電しながら操作するなどして、iPhoneに負担がかかる使い方をしていると2年程度で寿命を迎えてしまう場合もあります。

そのため、2~3年バッテリーを交換していないという人は新しいバッテリーへの交換も検討してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。