『かわいい』が生まれる場所。

【Googleマップ】画面が真っ白になって表示されない原因と対処法!

【Googleマップ】画面が真っ白になって表示されない原因と対処法!

Googleが提供している地図検索サービスの「Googleマップ」。

旅行で訪れたい観光地や気になるレストランなど、行ってみたい場所を検索する時にとても便利ですよね。

ですが、Googleマップを開いた時、なぜか画面が真っ白になって地図が表示されないことがあります。

こうなると地図が確認できなくなってしまうので、外出中は特に困りますよね。

そこで今回は、Googleマップの画面が真っ白になって表示されない原因や対処法を解説していきます。

【Googleマップ】画面が真っ白になって表示されない原因

Googleマップの画面が真っ白になって表示されないのは、以下の4つの原因があります。

  • 通信環境が良くない
  • アプリのバージョンが最新版ではない
  • アプリの不具合
  • 端末の不具合

では、表示されない原因を詳しくチェックしていきましょう。

通信環境が良くない

画面が真っ白になって表示されないのは、通信環境に問題がある可能性が高いです。

Googleマップはスマホやパソコンがネットに接続されていないと利用できないサービスなので、通信環境が悪ければ正常にマップが表示されないのは当然のことです。

そのため、トンネルや地下鉄の中、山間部などの電波状態が悪い場所にいる場合は、電波状態が良好な場所に移動してから、もう一度Googleマップにアクセスしてみて下さい。

また、スマホのデータの上限量を超えていて速度制限かかかっている可能性も考えられます。

この場合は、モバイル回線(4G)からWi-Fiに接続を切り替えてみて下さい。

アプリのバージョンが最新版ではない

通信環境を改善してもマップが表示されない場合、アプリのバージョンが最新版ではないのが原因として考えられます。

アプリのバージョンが古いと不具合やバグが残ったままになってしまうため、それが原因でマップが正常に表示されないのかもしれません。

そのため、アプリストアを開いて最新版が配信されているか確認してみましょう。

最新版が配信されていた場合は、早急にアップデートを行って下さい。

アプリの不具合

アプリをアップデートしたのに改善されない場合、アプリに一時的な不具合が発生している可能性があります。

アプリを利用していると不具合が起きるのは当たり前のことなので、重く受け止める必要はありません。

この場合、アプリを一旦終了させて再度起動すれば改善するケースが多いので、一度試してみて下さい。

端末の不具合

アプリ側に問題がない場合は、端末側に一時的な不具合が発生しているのが原因なのかもしれません。

不具合が起きているからといって、端末が故障しているわけではないので安心して下さいね。

この場合、アプリと同じように端末の電源を一旦切って再度起動すれば直るケースがほとんどなので、Googleマップが表示されない時は一度試してみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。