『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】着信拒否・解除の方法を紹介!通話相手からはどう見える?

【LINE】着信拒否・解除の方法を紹介!通話相手からはどう見える?

「通話の着信許可設定」をオフにしたとき、自分から電話はかけられる?

通話の着信許可設定をオフにしても、自分から電話をかけることは可能です。

着信があったメッセージが届くので、誰から着信があったか確認することもできます。

着信があった相手をみてから、折り返し自分から電話をかけたい人におすすめの機能です。

【LINE】着信拒否した相手から電話が来たら、自分からはどう見える?

着信拒否をした相手から通話がきたときに、自分にメッセージはくるのか、一切分からないのかなども気になる部分かと思います。

ここからは、着信拒否した相手から電話がきたら、自分のLINE画面でどのように見えるのか紹介します。

一括で着信拒否した場合

一括で着信拒否をする方法は「着信許可設定」をオフすることで設定できます。

もしもオフ設定で誰かから通話が入ると、次のような画面が表示されます。

拒否設定画面

メッセージとして着信があったことをお知らせしてくれるので、こちらから折り返し連絡が可能です。

発信側はどれだけ電話をかけても繋がらない状況になりますが、着信拒否がバレるようなメッセージやお知らせが届くことはないので安心して使えます!

相手をブロックした場合

相手をブロックした場合、相手からの着信やメッセージは自分のLINEに一切届かなくなります。

これは相手からメッセージや着信があったとしても、自分には分からない状態となります。

発信側は何度電話をかけても繋がらず、メッセージを送っても未読のままになります。

ブロックされていることに気が付くのは時間の問題になりそうです。

相手を非表示・削除した場合

相手を非表示から削除をした場合は、友だち関係を解消しただけなので、相手からのメッセージや着信を受け取ることができます。

相手からメッセージが届くと自動的にトーク画面ができるので、そこから友だち追加をすることで、再び友だちリストに戻ります。

発信側も自分のメッセージに既読がつくので、削除されていることには気が付くことはなさそうですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。