スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】簡単にボイスメモをPCに転送して保存する方法5選!

【iPhone】簡単にボイスメモをPCに転送して保存する方法5選!


転送専用ソフトを利用

最後に、「Syncios」というソフトを使った転送方法をご紹介します。

このソフトは、ボイスメモだけでなく、動画や音楽、写真など、容量が大きいデータを素早く転送できるのが特徴です。

もちろん無料で利用することができます。

専用ソフトをダウンロード

ソフトをPCにインストールしていない場合、Macの方はMac版、Windowsの方はwindows版からインストールをしてください。

無事インストールが完了してソフトを立ち上げると、下のような画面がでてきます。

まだiPhoneを接続していないため、「デバイスが見つかりません」となっています。

iPhoneをUSBケーブルでPCに接続

iTunesでiPhoneのデータをコピーするときと同じように、USBケーブルで接続しましょう。

USBで接続すると、自動的に自分のiPhoneが認識されます。

メディアを選択してPCにコピーをエクスポート

認識されたら、画面左側のメディアをクリックしてください。

Synciousメディアをクリック

このような画面になるので、画面右側のボイスメモをクリックします。

ボイスメモにはiPhoneに入っているデータが表示されます。

Synciousボイスメモ選択

そして、PCに取り出したいボイスメモだけを選択して、エクスポートをクリックしてください。

オーディオエクスポート

あとは、PC上の保存したいファイルを選択してエクスポートをクリックすれば、PCに保存完了です!

Synciousエクスポート実施

【iPhone】ボイスメモをPCに転送するときの注意点

ボイスメモをPCに転送し、保存する方法5選をご紹介しました。

  1. AirDropで転送
  2. iTunesで同期
  3. メッセージ・メールに添付
  4. クラウドサービスを利用
  5. 転送専用ソフトを利用

実は、転送するときに注意するべきことがいくつかあります。

この注意点を知っていれば、自分に合った転送方法をさらに絞り込めるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ボイスメモの保存形式は「m4a形式」

iPhoneに保存されたボイスメモの保存形式は「m4a」という形式です。

保存形式って何?という方も多いと思うので、簡単に説明します。

「m4a」形式というのは、Apple社独自のファイル形式で、iPhoneやiPad、iPod、iTunesなどでは音声を問題なく聞くことができますが、ほかのデバイスでは聞くことができなくなってしまいます。

なので、その他のデバイスで聞きたいときは、ファイル形式を「MP3」というバージョンに変えて保存する必要があるんです。

ここで、簡単に保存形式を変換できる方法を2つ紹介します。

iTunesで変更する方法

PCからiTunesを開き、「編集」から環境設定タブをクリックします。

ファイルで環境設定選択

すると、このような画面になるので、「iTunes読み込み設定」をクリックしましょう。

iTunes読み込み設定

読み込み方法はもともと「m4a」になっているので、「MP3エンコーダ」に変更してください。

これで設定は終了なので、「OK」をクリックします。

ファイル形式変更

あとは、iTunesのミュージックに同期されているボイスメモを右クリックし、「ファイル形式をMP3で保存」を選択すれば、PCで問題なく聞くことができます!

iTunesからMP3形式で取り出し

Synciousで変更する方法

先ほどご紹介した転送ソフトSynciousは優れもので、ファイル形式の変更もできちゃうんです。

まず、タブの「ツール・キット」をクリックください。

この操作は、すでにボイスメモが「m4a」形式でPCに保存されていれば、iPhoneをPCに接続しなくて大丈夫です!

Synciousツールキット選択

すると、「オーディオ変換」のタブが出てくるのでクリックしましょう。

Synciousオーディオ変換

続いて、画面左上の「選択」をクリックし、あらかじめ自分のPCに保存されているm4a形式のファイルを選択します。

Synciousファイル追加

ボイスメモを選択出来たら、画面右側の「出力オーディオ形式を選択してください」のところを、PCで聞くことのできる「MP3(MPEG-1 Layer3 オーディオ形式」に変更します!

出力オーディオ形式選択

あとは、PC上の保存したい場所を選択して、画面右下の「変換」ボタンをクリックしましょう。

変換ボタンクリック

これで変換が完了し、PCで聞くことができます!

念のため、ファイル方式を変換したファイルを開いて、本当に聞けるのかどうか試してみましょう。

保存したファイルを開けてみると…
無事聞けるようになっています!

保存形式確認

メールでの転送にはサイズ制限がある

メールの種類にもよりますが、長時間のボイスメモは容量が大きすぎて送れないときがあります。

例えば、今回ご紹介したGmailやYahoo!メールなどは25MB、docomoやsoftbank、auなどのキャリアメールに関しては、3MBまでしか送れません。

これってどれくらいの長さまでのボイスメモだったら送れるの?という方も多いと思うので、説明していきます。

大体5分のボイスメモで5~6MBほどです。

なので、キャリアメールの場合は数分程度のボイスメモ、フリーメールの場合は30分程度以内のボイスメモの転送に適しています。

長時間のボイスメモでもメールで送信したい場合は、録音したものをiPhoneのアプリ上で編集・分割し、数回に分けて送信する方法もあります。

もし分割するのが面倒という方は、ほかの転送方法の方がいいかもしれません。

iTunesの同期では個別での転送ができない

iTunesを使用したことがある人は知っている方も多いと思うのですが、iPhoneに入っているすべてのデータを同期するため、個別の転送ができません。

従って、iPhoneのデータが重いと同期にかなり時間がかかってしまう場合があります。

ちなみに、同期の方法はUSBで接続して行う方法と、Wifiで無線で行う方法があります。

Wifiで同期する方法もとても便利なのですが、少しでも速く終わらせたいという方は、USBの方が比較的速く同期ができますよ。

ボイスメモをPCに転送して効率よく作業しましょう!

いかがでしたでしょうか?

今回は、iPhoneのボイスメモをPCに転送する方法5選をご紹介しました。

一度慣れてしまえば、これから何度も活用できそうですよね。

ボイスメモは学校の講義やミーティング、歌の録音など、色々な目的に活用できとても便利です。

でもせっかく録音したメモが、PCに転送していないことが原因で二度と聞けなくなったり、整理ができずにあまり活用できなかった…というのはもったいないですよね。

ぜひPCに転送して、効率よくボイスメモを活用してみてくださいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。