『かわいい』が生まれる場所。

【Gmail】Googleアカウントを電話番号なしで登録する方法を紹介!

【Gmail】Googleアカウントを電話番号なしで登録する方法を紹介!

ブラウザを変更する

「電話番号の確認」が表示されて次に進めない場合は、別のブラウザを使ってイチから操作をやり直して下さい。

例えば、Google Chromeで表示された時は、Internet ExplorerやFirefoxに変更してみましょう。

ブラウザは無料でダウンロードでき、ブラウザを変更するだけなら手間もかからないので、一度試してみて下さい。

端末を変更する

ブラウザを変更してもダメだった場合は、端末を変更してから操作をやり直してみましょう。

スマホでダメだった時はPC、逆にPCでダメだった時はスマホで試してみて下さい。

IPアドレスを変更してCookieを削除

以前同じIPアドレスでGoogleアカウントを作成したことがあると、電話番号の登録が求められる可能性が高いです。

そのため、ルーターを再起動したり、プロキシを使うなどしてIPアドレスを変更してみましょう。

そして、ブラウザの設定でCookieを削除してから、もう一度操作をやり直してみて下さい。

ですが、ルーターを再起動してもIPアドレスが変わらなかったり、プロキシの使い方が分からないという人もいるでしょう。

その場合は、カフェや商業施設の公共Wi-Fiに接続してみたり、ネットカフェのPCを利用すれば、違うIPアドレスでアカウントを作成することができます。

また、スマホからの登録であれば、Wi-Fiからモバイル回線(4G)、モバイル回線からWi-Fiに切り替えることで、電話番号なしで登録できるかもしれません。

シークレットモードをオン・オフ

Google Chromeには、「シークレットモード」という機能が備わっています。

シークレットモードとは、閲覧履歴やCookie、キャッシュ、フォームに入力した情報を保存せずにwebサイトを閲覧できる機能のこと。

実は、シークレットモードをオンにしている状態で確認画面が表示されたらオフに、オフにしている状態で表示された場合はオンに切り替えることで、電話番号の入力が求められないケースも多々あるようです。

そのため、電話番号の確認が表示されたら、Google Chromeのシークレジットモードの機能をぜひ活用してみて下さい。

Chromeアプリの「設定」から登録する

Chromeアプリの「設定」から登録すれば、ブラウザを使用した時と比べて「電話番号の確認」が表示される可能性が低いようです。

そのため、iPhoneやAndroidで登録する場合は、アプリストアからChromeアプリをインストールして、そこから登録を試してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。