『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】位置情報を自分で入力して作る!ヒットしない時でも安心

【Instagram】位置情報を自分で入力して作る!ヒットしない時でも安心

気楽に写真を投稿して楽しむことができる大人気SNS「Instagram」。

普通に投稿するのも楽しいですが、旅先で撮った写真やお気に入りのお店の写真など、家族や友達と共有したい時ってありますよね!

そんな時に「どこで撮った写真なのか」「なんて名前のお店なのか」パッと一目で分かるととても便利です。

でも位置情報を利用しようと思ったら、スポットが候補として出てこない、なんて経験をしたことはありませんか?

今回は、便利で活用したい「位置情報を自分で入力して作る方法」について紹介していきます。

Instagramの位置情報とは?

Instagramには、投稿した写真や動画に自分がいる位置やお店の名前などをタグとして表示できる機能があります。

instagram 位置情報

位置情報付きでInstagramに投稿すると、ユーザーネームの下に登録された情報がタグとして表示されるようになります。

投稿に載せられたタグを押すことで、同じ位置情報を利用した他の人の投稿も検索できるようになっています。

位置情報で検索することで、県ごとにどのような店が人気なのか、どこの景色が綺麗か、などの情報を一目で確認することができ、Instagramを利用する上で欠かせない機能になっています。

Instagramでお店の名前や地名を検索する際に、該当する位置情報が登録されていると検索結果に表示されるため、知らず知らずのうちに利用している人も多いと思います。

休日に人気のある場所で利用すると、同じ時間帯に同じ場所で投稿している人がいる、なんてことも珍しくないです。

位置を登録しておくことで他の人の目に留まりやすくなるので、自分が載せた情報に興味のある人と繋がれるといった可能性も広がりますね。

投稿やストーリーで設定できる位置情報

通常の投稿に加えて、ストーリーにも設定することができる位置情報。

位置を登録しておくことによって、その位置情報で検索をかけた場合に自分の投稿が表示されるので他の人の目に留まる機会も自然と増えます。

Googleマップで登録された場所も確認できるため、写真を見て「自分も行ってみたい」と感じた人が検索や質問をしなくても場所が分かるといったメリットもあります。

また、宣伝したいお店や、他の人にもっと知ってほしい場所がある場合、この機能を利用することで大きなアピールになります。

ぜひ活用してみてください。

キーワード入力で登録済みスポットが表示

投稿に載せたい場所のキーワードを入力することで、登録済みのスポットが候補として表示されます。

全国各地の名所が候補として表示されるため、これを利用して手軽にスポットを投稿に登録することができます。

位置情報があるだけで閲覧数が増える!

スポットを登録して利用されている投稿だと、そのキーワードで検索をかけた人から投稿を見てもらえることになります。

その場所の素敵な写真を投稿することによって、閲覧数が増えるだけでなく、色々な人から「いいね」をもらえるチャンスにもなります。

流行のものや話題のお店など、位置情報をつけて発信するだけで閲覧数がグンッと伸びること間違いなしです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。