『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】位置情報を自分で入力して作る!ヒットしない時でも安心

【Instagram】位置情報を自分で入力して作る!ヒットしない時でも安心

Instagramで位置情報をつける方法

たくさんの人が利用している位置情報を付ける機能ですが、どうやったら自分の投稿に載せることができるのか。

位置情報を付けたい時はどうすればいいのか、また付けたくない時に外すことはできるのか心配ですよね。

そこで、Instagramで位置情報を利用する方法を解説していきます。

位置情報サービス設定をオンにする

使っているスマホで、「位置情報サービス設定」がオンになっているかどうか確認しましょう。

こちらの設定がオフのままだと、位置情報を登録する際にスポットを探すことができません。

POINT

  1. スマホの「設定」を開きます。
  2. プライバシーの項目を開きます。
  3. 位置情報サービスの項目を確認。
  4. オフになっている場合はオンに変更。

新規投稿で位置情報を付ける

投稿画面の「場所を追加」をタップ。

instagram 場所を追加

登録したい場所のキーワードを入力し検索します。

Instagram 検索

検索結果から登録したい場所を選択しタップすることで、位置情報の登録は完了します。

あとは通常通り投稿するだけです。

投稿後にインスタ位置情報を追加する

投稿した画像右上にある「⁝」をタップ。

instagram 設定

項目内の「編集」をタップ。

instagram 編集

ユーザーネームの下にある「場所を追加」をタップ。

instagram 追加

登録したい位置情報を検索し、下部に出てきた候補の中から設定したいものを選択します。

instagram 検索2

以上で、投稿済みの写真にも追加で位置情報を載せることができます。

ストーリーで位置情報を付ける

写真を撮影し、画面右上にある顔文字のマークをタップ。

instagram ストーリー

項目内にある「場所」をタップ。

instagram 位置情報2

登録したい位置情報を検索し選択します。

instagram スタンプ

写真の好きな場所に位置情報のスタンプを配置すれば完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。