『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】位置情報を自分で入力して作る!ヒットしない時でも安心

【Instagram】位置情報を自分で入力して作る!ヒットしない時でも安心

Facebookアプリでチェックイン投稿をする

位置情報が候補として出てこない場合、自分で登録するためにFacebookアプリの「チェックイン投稿」を使ってみましょう。

インスタマップに載せたい場所が表示されなかった時にも、新しいスポットを編集し登録することによって友人たちに写真の場所を共有できるようになります。

「秘密基地」や「二人だけの場所」など、架空の場所の名前を写真に付けることがため、思い出の写真など一つ一つの写真に名前を付ける意味で利用することもできます。

Facebookでチェックイン投稿する手順

Facebookアプリの投稿ページで「チェックイン」をタップ。iPhoneの場合は、右下の三点マークをタップすると「チェックイン」が出てきます。

Facebook チェックイン

位置情報を追加の項目の一番下にある「新しいスポットを追加」をタップ。

Facebook 新しいスポット

登録したい場所に適したカテゴリを選択しタップ。

Facebook カテゴリ

住所を入力し「市町村を検索」します。

Facebook 今ここにいます

情報を再確認し、問題なければ右上の「作成」をタップ。

ト

Instagramではこの画像のように「ありがとう」などという名前に設定して、投稿に表示させるのも流行っています。

投稿すればInstagramに位置情報が反映される

上記した方法でFacebook上でスポットを編集し登録することで、Instagramにもスポットとして自分が登録した位置が反映されます。

また、一度登録すれば位置情報は残り続けるため、次回から登録する手順はスキップして位置情報を利用できます。

Instagramで位置情報が候補に出ない時は、この方法を試してみてください。

ただし、インスタマップに登録したスポットが即時反映される場合と反映に時間がかかる場合があるようです。

上記の手順でやったけど出てこない!という人は、少し時間を置いて改めて投稿を確認してみてください。

Instagramで位置情報を自分で入力するときの注意点

好きな場所を登録できるというのは便利ですが、同時にプライベートな情報を発信することに繋がります。

知らず知らずの内に自分の家の場所や勤務先がバレたりする可能性もあるので注意が必要です。

いくつか注意点を記載するので、確認してみてください。

なるべく投稿したい位置からチェックイン投稿する

チェックイン投稿する場合は、なるべく現地で行うようにしましょう。

家に帰ってから位置情報を編集して投稿すればいいや、と考えていて誤って自分の家の情報を登録してしまったりする場合があります。

そのような危険を減らすためにも、チェックイン投稿する場合は、お出かけ先にいる間に行うことをおすすめします。

登録したいと思っている現地から位置情報を利用する場合は、「今ここにいる」を利用して簡単に行うこともできます。

プライベートな場所をスポット登録しない

自分の家周辺や勤務先周辺の場所ばかり登録し投稿していると、その近辺にあなたがいることを発信することに繋がります。

位置情報を利用した投稿は必要最低限に抑えるか、もしくはプライベートな場所を除いた投稿のみにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。