『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone・Android・PC】動画モザイク加工アプリ決定版!

【iPhone・Android・PC】動画モザイク加工アプリ決定版!

SNSなどに動画をアップロードする際、自分以外の人をあまり見せたくない場合もあるでしょう。

写真であればスタンプを押して対応するなど、顔を隠すことは比較的簡単です。

しかし、動画となると動きに合わせて顔を消さなくてはいけないため、至難の業と思われるもの。

そのため、動画のアップをあきらめたことがある人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、動画のアップロードをあきらめる必要はありません!

iPhoneやAndroidには、動画であってもモザイクやぼかしを入れられる便利なアプリが多くあるのです。

アプリを使ってうまく編集すれば、SNSにも気軽に動画をアップロードすることができますよ。

そこで、おすすめの動画・写真の編集アプリについて見ていきましょう。

動画にモザイクをかけるおすすめアプリ【iPhone・Android】

端末によって使えるアプリが異なることも多いのですが、iPhoneとAndroidの両方に対応しているアプリもいくつか出ています。

動画モザイク/ぼかしアプリ~InShot ~

モザイクに加えて他の加工もたくさんしたい!という人におすすめなのが、「InShot」というアプリ。

動画の尺を変えたり、スタンプや文字を入れたりなどもできるので、オリジナルのおしゃれな動画に仕上げることができます。

InShot

また、アプリ内にあるスタンプもおしゃれなデザインのものが多いので、こだわった動画を作りたい場合にはかなり重宝します。

気になるぼかしについてですが、部分的なぼかしやモザイクは残念ながら入れることはできません。

動画全体のモザイクとぼかしならOK。

種類を選んだら、ぼかし具合などもスライドで微調整できるのもポイントです。

ぼかしはふんわりとした仕上がりで、入れることでよりおしゃれな動画に仕上げることができます。

有料版もあるのですが、無料のものでも十分使えるという声が多数挙がっています。

また、iPadにも対応しているので、大画面で細かく動画加工するのもおすすめです。

キネマスター

様々な機能が入っている本格的なものが、こちらの「キネマスター」というアプリです。

複数の動画をレイヤーとして重ねて編集したりすることができるので、今流行のリモートでの合奏動画作成にも使えるでしょう。

キネマスター

エフェクタとしてはぼかしとモザイクとがあり、それぞれ形や大きさ、さらにはぼかし度合いなどを好みのものに調整できます。

ただし、動きに合わせてぼかしやモザイクが動く機能がないため、手作業での調整が必要です。

編集画面がとても見やすいので、その作業もさほど苦にはならないでしょう。

動画に対して追加した加工が全てレイヤーとして表示されるので、全体像が分かる大変使いやすいアプリといえます。

iPhoneだけでなくiPadにも対応しており、細かい作業などはiPadで行うのがおすすめです。

ぼかし丸 モザイク&ぼかし加工アプリ

写真や動画をぼかすことに特化したアプリ。

動画をぼかす場合は「動くぼかし」という機能を使います。

ぼかし丸

動くぼかしと聞くと、顔などを認識して動画に合わせてぼかしやモザイクも一緒に動いてくれるように思われますが、手作業でモザイクを動かして編集する必要があります。

しかし、動画自体を細かく動かしながら編集できるので、きれいにモザイク加工ができるでしょう。

ぼかしやモザイクは図形に設定したり、または消したい部分をなぞるなどして設定できたりします。

また、ぼかし具合や種類も自由にカスタマイズできるのも魅力。

アプリには簡単なガイドが表示されているので、初めての方でも迷わずに使えるアプリで、利用者からの評価も高いということです。

iPhoneだけでなくiPadにも対応しているので、大画面での操作もおすすめですよ。

動画にモザイクをかけるおすすめアプリ【iPhone】

次に、iPhoneに対応しているおすすめアプリを見ていきましょう。

動画モザイク

こちらは動画のぼかしに特化したアプリです。

動画となると人の動きが入っているので、ぼかしを入れたいところにうまく入れられない、ということもあるでしょう。

しかしこのアプリを使えば簡単にぼかしを入れられます。

動画モザイク

ぼかしの入れ方もかなり細かく、ぼかし部分の形や粗さなどを自分好みに設定することができるということです。

そのため、人には見せたくない部分を細かく調整しながらぼかすことができるでしょう。

また、加工の仕方もかなり豊富。

動画編集でよく必要とされるのが、人の顔のぼかしです。

このアプリでは、自動で顔を識別してモザイク処理を行ってくれるので、動画であっても確実に顔を隠すことができます。

人ではなく、後ろに映っている背景を消して場所が分からないようにしたい、という場合でもかなり便利です。

iPadにも対応しているので、より細かく編集したいという場合は、iPadの大画面でモザイク加工をすると良いかもしれません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。