『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】ログアウトできない!ログイン情報を消す方法も

【Instagram】ログアウトできない!ログイン情報を消す方法も

Instagramにログインする際、自動ログインを選択している人も多いのではないでしょうか。

自動ログインにしていると、ログインの際はアカウント情報を入力しなくて良いのでとても便利です。

その一方で、アプリを落としてもログアウトされないので、いざログアウトしようとすると困ることも。

今回は、Instagramのログアウトの概要からログアウトのやり方、さらにはログアウトできないときの対処法まで紹介します。

【Instagram】ログアウトって何なの?

そもそもInstagramにおける「ログアウト」とは何を意味するのでしょうか。

ログアウトの概要について見ていきましょう。

ログアウトの意味は?

ログアウトとは、ログイン状態を切断すること。

つまり、一時的にInstagramを「退出」して、その間だけInstagramを使えないようにする、という意味です。

あくまで「一時的」な退室なので、アカウント情報を入力してログインすれば、すぐにまたインスタグラムを利用できます。

ログアウトは退会・アンインストールとは違う?

「退会」とはInstagramを辞めるという意味で、退会すると、ログイン時に必要なアカウント情報などがすべて削除され、Instagramに投稿した内容もすべて消えてしまいます。

また、アカウント情報が二度と使えなくなるので、サイドInstagramに登録する際には同じユーザーネームは使えません。

アンインストールはアプリを端末から消すことなので、Instagramの退会とは別物です。

なので、アンインストールしたからと言って、アカウント情報も投稿内容も消えず、データとして残ったままの状態です。

そして、再度インストールすれば、また使えるようになります。

このように、「ログアウト」は「退会」や「アンインストール」とも意味合いが異なるのです。

ログアウト時の周囲のユーザーからの見え方は?

ログアウトはあくまで自分側の利用やログインに関わることなので、他のユーザーには全く関係ありません。

なので、仮にログアウトしたとしても、つながっている友だちからのあなたの見え方はログアウト前と後では全く変わらないのです。

ログアウトしたとしても、友だちからはあなたの投稿を見られるし、「いいね!」やコメントも可能。ダイレクトメッセージも送れます。

ただし、ログアウト中は通知機能もOFFになるため、あなたに対する何かしらのアクションがあったとしても気づけません。

ログアウト中に来た通知やメッセージは再ログインして確認

ログアウト中に見逃した通知が二度と見られないということはありません。

再度Instagramにログインして「ハートマーク」のアイコンを押せば、いいね!やコメントの履歴を、右上の「紙飛行機マーク」を押せばダイレクトメッセージをそれぞれ確認できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。