スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでダウンロードしたファイルの保存先はどこ?写真・動画・PDFファイルについて解説!

iPhoneでダウンロードしたファイルの保存先はどこ?写真・動画・PDFファイルについて解説!


「ファイル」アプリに保存

PDFファイルは、「ファイル」アプリにも保存できます。

こちらは、青色のファイルのアイコンのアプリです。Apple Books同様、こちらもあらかじめiPhoneにインストールされているものです。

iPhone ホーム画面

ファイルアプリにPDFを保存するには、まずApple Booksに保存する際と同様に赤枠で囲んだ部分をタップします。

iPhone PDF

ここから手順が異なります。下にスクロールしていき、「”ファイル”に保存」を選びましょう。

iPhone PDF 保存

PDFを保存するファイルを選びます。こだわりがなければ、ひとまず「ダウンロード」を選んでおけば良いでしょう。

iPhone PDF ファイルに保存

右上の「保存」をタップします。

iPhone PDF 保存先選択

これでファイルアプリにPDFを保存できました。

iPhone ファイルアプリ

登録したクラウドサービスに保存

外部のクラウドサービスに登録し、そこにファイルを保存するという方法もあります。

料金や保存方法の分かりやすさはもちろん、共有の方法やセキュリティなども考慮してサービスを選んでくださいね。

iPhoneのデータをPDFとしてダウンロードするときの保存先

ここまで、もともとPDFの形だったファイルをiPhone内に保存する方法を紹介してきました。

しかし、それ以外の方法でも、さまざまなデータをPDF化して保存することができるんです。

ここからは、WEBページとメールをそれぞれPDFとしてApple Booksに保存する方法を解説していきます。

ぜひ活用してみてください。

WEBページをPDFとして「Apple Books(iBooks)」アプリに保存

「気になるWEBページを見つけたけど、今はじっくり読んでる時間がない!」

そんな時に便利なのがブックマーク機能ですが、読もうと思った時には内容が既に更新されているかもしれません。

そこでおすすめなのが、WEBページをPDFとして丸ごとApple Booksに保存する方法です。

これならいつでもWEBページを確認できます。

手順はとても簡単です。

まずは画面下の中央のボタンをタップします。

iPhone WEBページ

右にスクロールしていき、「その他」をタップ。

iPhone WEBページ 保存方法

「ブック」を探し、さらにタップします。

iPhone WEBページ その他

これで、Apple BooksにWEBページをPDFとして保存できました。

Apple Books ライブラリ

メールをPDFとして「Apple Books(iBooks)」アプリに保存

大事なメールを見失わないように、フラグを立てたりと工夫している人も多いでしょう。

実は、メールもPDF化してApple Booksで保存できること、知ってましたか?

メールをPDFにして保存するには、まず保存したいメールを開いた状態で画面下の矢印マークをタップします。

iPhone メール

下にスクロールしていき、「プリント」をタップしましょう。

iPhone メール 詳細アクション

オプション画面が表示されるので、メールの画像の部分を二本指で拡大します。

iPhone メール プリント

表示が切り替わりました。さらに右上の共有ボタンをタップします。

iPhone メール 共有

右端までスクロールして「その他」をタップしてください。

iPhone メール その他

「ブックにコピー」を選択しましょう。

iPhone メール ブックにコピー

Apple BooksにメールのPDFが保存できました。

Apple Books ライブラリ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。