『かわいい』が生まれる場所。

Twitterで凍結される理由は?凍結されたアカウントを削除する方法も

Twitterで凍結される理由は?凍結されたアカウントを削除する方法も

短期間での大量フォロー

Twitterを始めたばかりの頃、あるいは「ずっと放っておいたけど、そろそろ本格的に使っていくぞ」と決めたとき、まずやるのは、誰かをフォローすることだと思います。自分がツイートするのと同じくらい、誰かのツイートを読める状態にするのは、Twitterを使っていくうえで重要なことです。

しかし、そこであまり一気に大量のフォローをしてしまうと、Twitter社のコンピューターがスパムと判断し、あなたを凍結してしまうことがあります。無数のアカウントをフォローして回り、そのそれぞれに大量のメッセージを送りつけるというのが、スパムアカウントのお約束だからです。

あなたに一切悪意がなく、ただ純粋にたくさんの人のツイートを読みたいと思っただけであっても、Twitter側からは「スパムアカウントの最初の行動」に見えることもある、というわけですね。

なんとも困ったものですが、これはユーザーの側で対策していくしかありません。具体的には、一気に何百人もフォローするのはやめて、毎日20人とか30人とか、小分けに少しずつフォローしていくのです。

こうすることによって、スパムアカウントと判断されるのを避けることができます。

Twitterでアカウントが凍結・削除される原因《ルール違反》

続いて、スパム行為以外のルール違反によって凍結される場合を解説していきます。

なりすまし

「Twitterにいない有名人」に目をつけて、そっとアカウントを作って彼らの名前を名乗り、なりすましをする人がいます。軽いジョークのつもりでやっていることも多いのでしょうが、なりすまされた有名人からしてみると、自分の名前で勝手なことをツイートされ、それをある程度の人が信じてしまうことは、深刻な営業妨害となります。

これへの対策として、Twitterでは、なりすましを非常に悪質な行為であるとみなして、凍結の対象にしています。

Twitterはただ凍結をするだけですが、実際にはそれだけでは話が終わらない可能性も高いです。なりすましの対象である有名人から、訴訟を起こされる可能性もあるからです。なので、ちょっとした「ネタ」のつもりであっても、他人になりすますアカウントを作ってふざけるのは、やめておいたほうがよいでしょう。

もちろんこれは、有名人に限ったことではありません。そもそも「他人のフリをしてツイートをする」こと自体が、Twitterのルールにおいてはアウトなのです。

誹謗中傷

インターネットにおいて、残念ながらどうしても避けては通れないのが、誹謗中傷のたぐいです。自分の素性が相手からわからないと思って気が大きくなってしまうのでしょうか、暴力的な言葉を他人に投げつける人は後を絶ちません。

言うまでもなく、そのようなことは絶対にするべきではありません。ネットをやっていると、特定の誰かが「どれだけ叩いてもいい悪者」のように見える空気が生まれることがあり、そのようなときにはついその誰かを叩く行為に参加してしまいそうになることもありますが、それも多くの場合、誹謗中傷に含まれます。

そしてTwitterにおいては、誹謗中傷のたぐいは明確に規約によって禁止されており、それを破った場合には、アカウントを凍結される場合があります。あなたがどれだけ「悪者を批判する正義の側」に立っていたつもりであったとしても、それは関係ありません。

気がついたら誰かを誹謗中傷してしまっていた、などということがないよう、常に冷静でいることを心がけましょう。

犯罪に関わるようなこと

Twitterにおいては、犯罪に関係しているようなツイートをすることも、ルール違反として厳しく取り扱われます。

実際にそのような犯罪行為をしたかどうかは、問題ではありません。Twitter側からすれば、本当にそういう行為があったかどうかを判断することはできないわけですから、たとえ冗談であっても、「私はこういうこと(犯罪行為)をした」というようなツイートをすれば、それは凍結の対象になり得ます。

本当の犯罪はもちろんのこと、あまり紛らわしい冗談もツイート、控えておいたほうがよいでしょう。日本には表現の自由というものがあり、きわどい冗談を言うことも法律によって許されているわけですが、Twitterのルールはそれとは別に存在することを、忘れてはいけません。

アダルト系画像の使用

アダルト系の画像をツイートに貼り付けているアカウントは、世界中にかなりあります。それらのすべてがNGというわけではありません。

ずっと以前から裸の画像をツイートし続けているにもかかわらず、凍結など一切されていないアカウントも数多くあります。しかし、一歩間違うと、Twitterのルールに引っかかることはあります。

これはイラストにも言えることですので注意しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。