『かわいい』が生まれる場所。

Twitterで凍結される理由は?凍結されたアカウントを削除する方法も

Twitterで凍結される理由は?凍結されたアカウントを削除する方法も

年齢制限に引っかかる年齢を設定した

規約によれば、Twitterを利用できるのは13歳以上となっています。それより幼い子供が、自分の意思でSNSを使うのはまだ早いというのがTwitter社の判断なのでしょう。

とはいえ、12歳以下でも、こっそり使っている分にはバレません。自分の年齢を秘密にしてTwitterをやることはできますから、そのようにすればいくらでも抜け道を通ることはできるのです。

では、どのような場合に年齢制限に引っかかるかというと、自分の誕生日を13歳未満になるように設定したときです。この場合、自己申告が規約に引っかかっているわけですから、Twitter社はその内容を真実とみなしたうえで、「あなたにはまだ早いですよ」という意味で凍結という処分を下すのです。

このように、年齢設定はハッキリと凍結の理由になりますので、冗談で若すぎる誕生日は設定しないようにしましょう。もちろん、あなたが13歳未満であるならば、13歳になるのを待ってからTwitterデビューするようにしてください。

Twitterでアカウントが凍結・削除される原因《その他》

Twitterの規約に違反していなくても、アカウントが凍結されることはあります。

乗っ取りの疑い

Twitterに限らず、IDやメールアドレスとパスワードでログインするタイプのサービスには、いわゆる「乗っ取り」という事態があり得ます。これは、本人ではない人間が何らかの方法で他人のパスワードを手に入れて、本人のフリをしてログインしてしまうというものです。

Twitterでは、このような乗っ取りが行われた疑いのあるアカウントは、念のため凍結されるようになっています。

乗っ取りは必ずしも有名人のアカウントだけにあることではありません。ごく普通の一般人のアカウントであっても、パスワードが漏れるようなことがあれば、乗っ取られる危険性はじゅうぶんにあります。

乗っ取られないための対策としては、パスワードを誰にも知られない方法で保管すること、すぐにはわからない複雑なパスワードにすること、などがあります。

Twitterで凍結されたアカウントを解除する方法

ここまで、凍結されてしまう原因について解説してきました。では、いったん凍結されてしまったら、もう二度と元に戻すことはできないのでしょうか?

いいえ、そういうわけではありません。凍結といっても、一時的にそのアカウントを使えないようにしているだけ、ということが多く、そういう場合には、決められた手続をすることで凍結を解除することができます。

ここでは、その具体的な方法について解説していきます。

凍結を解除する(自分で解除)

凍結というと、非常に厳しいものを想像してしまいますが、いちばん最初からそこまで重いペナルティを課せられるわけではありません。ログインしたときに、携帯電話の番号か、あるいはメールアドレスの確認を要求された場合は、Twitter社に解除してもらうよう依頼をしなくても、自分の操作だけで解除することができます。

基本的に、最初の凍結のときにはこのパターンになることが多いです。

具体的にどのような方法で解除すればよいのかは、凍結された理由によって違ってきますので、代表的なものを順番にみていきましょう。

乗っ取りの可能性がある場合

乗っ取りの疑いなどのセキュリティ上の理由で凍結された場合、パスワードの変更をする必要があります。登録しているメールアドレス宛に、具体的な対策方法が送られますので、それに従って変更をしてみてください。

アカウントの本人であることの確認が必要な場合

Twitterのルールに違反していると判断された場合、一時的にアカウントが凍結され、あなたがそのアカウントの本人(正当な所有者)であるかどうかの確認を要求されることがあります。

その場合、画面の指示に従って電話番号を入力し、音声かショートメールによって認証コードを送ってもらい、そのコードを入力することで凍結が解除されます。

規約違反の可能性により制限された場合

Twitterのルール(規約)に違反している可能性があると判断された場合、一時的に機能が制限されることがあります。一応、使うことはできるのですが、いくつかのことができなくなってしまうのです。

この制限を解除するには、まずメールアドレスの認証を済ませ、携帯電話番号を登録してから、規約違反の疑いのあるツイートを削除する必要があります。それからもう一度ログインし、「アカウントの一部の機能が制限されている」というメッセージのところで「開始」を選択し、手順に従って制限を解除します。

指摘されたツイートが規約違反ではないと主張したい場合には、異議を申し立てることもできます。

不審な操作により一部機能が制限された場合

あまりにもたくさんのフォローやリツイートなどを行った場合は、規約違反とみなされて、一定の期間、アカウントの機能が一部制限されることがあります。この場合は、指定された期間が過ぎるまでその状態のまま利用するか、あるいは携帯電話番号またはメールアドレスの認証によって制限を解除するかの二択になります。

ただし、同じ規約違反をこれまでに何度もしてきた場合や、他のアカウントに対してあまりにも多くの関わりを持とうとしている場合には、携帯電話番号を認証する画面が表示されないことがあります。

凍結を解除する(解除申請する)

自分の操作では凍結を解除できないような処置を受けた場合には、Twitter社宛に異議の申し立てをする必要があります。

具体的にはたとえば、前項の「自分で解除」する方法によって解除したあと、再び同じような違反行為をして凍結されたという場合には、こちらのパターンになります。

異議の申し立ては、下記のリンクから行ってください。

Twitter 凍結異議申し立て

ただし、異議申し立てをしたからといって、必ずしも凍結が解除されるわけではない点には注意してください。Twitter社によって悪質であると判断された場合には、異議を却下される可能性もあります。

無事に申し立てが受け入れられた場合には、入力したメールアドレス宛にメールが届きますので、その内容に従ってください。メールの文面は英語である場合もあります。内容はざっくり言うと「返信をしてください」というものなので、返信をすればよいのですが、英語が苦手な人は、いちおうGoogle翻訳などを使って確かめてみることをオススメします。

問題がなければ、数日後に「凍結を解除しました」という内容のメールが届きます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。