『かわいい』が生まれる場所。

Twitterで凍結される理由は?凍結されたアカウントを削除する方法も

Twitterで凍結される理由は?凍結されたアカウントを削除する方法も

永久凍結された場合

永久凍結とは、Twitterにおける凍結処分の中でも、もっとも重い処置です。その名の通り、いったんこの状態になってしまったら、そのアカウントはもう二度と復活することはできません。

これだけの処置ですから、たった一回の違反行為で永久凍結になることはほぼ無いとされています。普通の凍結と、そこからの解除を、何回も繰り返していると、あるとき永久凍結に切り替わってしまうようです。

ただし、異議を申し立てることはできます。永久凍結という判断そのものが、誤解によるものである可能性もあるからです。

Twitterで凍結されたアカウントを削除するには?

凍結されてしまったことで、Twitterに対する気持ちが冷めてしまい、「もういいや、削除してしまおう」と思うこともあるのではないかと思います。通常のアカウントを削除できるのは当然ですが、では凍結されたアカウントも、同じように削除することができるのでしょうか?

凍結アカウントの解除は不可能

結論から言いますと、凍結された状態のままでは、アカウントを削除することはできません。まずは凍結を解除し、それから削除する、という段取りを踏まえる必要があります。

アカウントを削除する手順

以下、iPhoneのTwitterアプリで解説します。

まず、ホーム画面の左端を右側にスワイプし、メニュー画面を表示させます。

その中にある「設定とプライバシー」をタップしましょう。

Twitter 設定とプライバシー

「設定とプライバシー」画面のいちばん上に「アカウント」という項目がありますので、次にそこをタップします。

Twitter アカウント設定

「アカウント」画面の下から2番目の「アカウントを削除」をタップしましょう。

Twitter アカウント削除

すると、アカウントを削除することに関する注意書きと、さまざまなヒントが表示され、その下に赤い文字で「アカウント削除」と書かれた部分が現れます。

ここをタップすることで、アカウントを削除することができます。

Twitter アカウント削除 最終決定

アカウントを削除する際のポイント

アカウントを削除しても、すべてのデータがTwitterの中からすぐに消えるわけではありません。間違って削除してしまった場合や、赤の他人が不正にログインをして勝手に削除した場合などのために、30日間はデータがそのまま残されているのです。

その30日間に、一度でもログインした場合は、削除をキャンセルしたとみなされて、アカウントは復活します。

あなたに復活させる意図がなく、単に「ちゃんと消えたかどうか確認したい」という理由でログインしてみたのであれば、もう一度アカウント削除をする必要があります。

また、アカウントを削除したからと言って、必ずしも「あなたの発言からこの世からすべて消え去った」とは限らないことにも、注意しておきましょう。たとえば、Googleのキャッシュにあなたのツイートが残っていることもありますし、ツイートを保存してくれるサービスであるTwilogのアカウントを消し忘れていた場合には、そちらのデータはずっと残り続けます。

いったんネットに発信したものを完全に消し去るのはなかなか難しいことである、というのは、日頃からきちんと心に留めておくべきことです。

リスクを知ったうえで利用しよう

以上、Twitterにおけるアカウントの凍結について解説しました。

「凍結」とか「規約違反」というと、「悪い人がする悪いこと」というイメージを持つ人もいるかもしれません。しかしTwitterの凍結の仕組みにはけっこう乱暴なところがあり、あるとき急に、あなたの身にそれが降り掛かってくることもあり得ます。

そうなったときにパニックにならないよう、あらかじめ凍結についての知識を頭に入れておきましょう。

凍結されないよう気をつけつつ、でも決して怖がりすぎることなく、楽しくTwitterを使っていきたいですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。