『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】動画が投稿できない!原因と対処法を詳しく紹介!

【Twitter】動画が投稿できない!原因と対処法を詳しく紹介!

Twitterで動画が投稿できないときはアプリを更新する

今まで紹介した方法をすべて試しても投稿できない場合は、アプリが最新のバージョンに更新されているか確認し、まだの場合は更新するようにしましょう。

iPhoneとAndroidでの方法を紹介するので、使っている端末に合わせて試してくださいね。

iPhoneの場合

まず、ホーム画面から「App Store」を選択します。

App Storeを選択

画面右下の「検索」を選択しましょう。

検索を選択

検索窓に「Twitter」と入力し、画面右下の「検索」を選択します。

Twitterと入力してから検索

「アップデート」を選択します。

アップデートを選択

「アップデート」の部分が「開く」に変われば更新完了となります。

もし最初から「開く」になっていた場合、すでに最新バージョンを使用しているので、更新の必要はありません。

Androidの場合

Androidの場合は以下の手順で進めましょう。

  1. ホーム画面から「Google Playストア」を選択する
  2. 検索ボックスを選択する
  3. 「Twitter」と入力すると、Twitterのアイコンが表示されるので選択する
  4. 「更新」を選択する

「更新」を選択するとアップデートが開始されます。

終わったら最新バージョンになりますので、もう一度動画投稿を試してみてくださいね。

アプリ版Twitterで動画が投稿できないときはブラウザ版を使う

Twitterアプリで動画を投稿できない場合、ブラウザ版を使ってみましょう。

Twitterを開いて、ツイートを書き込める部分の、画像・動画挿入アイコンを選択します。

画像・動画挿入アイコンを選択

エクスプローラーが開くので、投稿したい動画を選択し、画面右下の「開く」を選択します。

動画を選択し開くを選択

動画が挿入できたことを確認し、好きな文章を入力して、最後に「ツイートする」を選択すれば完了です。

ツイートするを選択

アプリと同じような操作で簡単に投稿できますよ。

Twitterで動画を投稿できないときに使える外部サービス

Twitterがサポートしている動画サイズや形式に編集できない場合や、何らかのトラブルで投稿できない場合、外部サイトに動画をアップし、ツイートに埋め込む方法もおすすめです。

YouTubeを使う

YouTubeには、最大12時間、もしくは128GBまでの動画をアップロードできます。

YouTubeに動画を投稿し、そのURLをツイートすることで間接的に動画を投稿する方法もあります。

Twitterの投稿制限である140秒を気にしなくて良いし、URLをツイートするだけなので動画投稿よりツイート送信時間がかからないのもメリットです。

URLだけではどんな動画かのイメージがつきにくいので、タイトルを挿入したり、サムネイル画像を挿入するのがおすすめです。

ツイートにリンクを貼る方法は後ほど紹介していきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。