『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】動画が投稿できない!原因と対処法を詳しく紹介!

【Twitter】動画が投稿できない!原因と対処法を詳しく紹介!

Byteを使う

「Byte」とは6秒間のループ動画を作れるアプリです。

アプリのカメラで撮影するか、端末のカメラロール内の動画をアップすると、6秒のループ動画を作成してくれます。

2016年ごろまでは「Vine」という名前でした。

簡単に撮影でき、気軽に投稿できることから世界中で使われていたアプリです。

6秒間の風景動画や、6秒の間にストーリー展開を入れた動画、ループ機能を使って最初と最後がつながるように撮影した動画など、さまざまな動画がアップされていました。

サービスは終了しましたが、投稿された動画は今でも閲覧できるようになっています。

また、ユニークな動画が作成することができます。

2020年に「Byte」と名前を変えましたが、機能は同じです。

ただし、日本語に対応していないので、使いこなすのに少し時間がかかるかもしれません。

Twitterにリンクを貼る方法

YouTubeの動画をツイートに埋め込む方法を紹介します。

動画のサムネイルの右下にある「︙」のマークを選択しましょう。

︙を選択

メニューが表示されるので「共有」を選択します。

共有を選択

「Twitter」を選択します。

Twitterを選択

動画タイトルとURLが入ったツイートが自動で反映されるので、「ツイートする」を選択すれば完了です。

ツイートするを選択

もちろん、ツイート内容は編集できるので、タイトルがいらない場合は削除したり、一言コメントを追加してから投稿もできますよ。

その他のアプリでも「共有」からURLをコピーしたり、Twitterに共有できる機能が搭載されていることが多いので、応用できますよ。

事前に動画のサイズ・形式や端末の状態をチェックしてトラブルを防ごう!

投稿したいと思った動画が、Twitterがサポートしているサイズ・形式に合っていないと動画投稿ができません。

また、端末のメモリ不足やキャッシュがたまりすぎていること、アプリのバージョンが古いこともトラブルに繋がる可能性があります。

Wi-Fiを使用せずに何度も試していると、ギガ数が足りなくなるかもしれません。

投稿前に確認できるところは対処し、トラブルを防ぎましょう。

それでも解決しない場合は、YouTubeなどの外部サイトを使うのもアリです。

この記事を参考に、Twitterでの動画投稿を楽しんでくださいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。