『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?

プライベートの写真や動画をたくさん保存しているiPhoneの写真アプリ。うっかり人前で開いた時など、他人に写真を見られてしまうのが嫌な人も多いのではないでしょうか。そんな時は、写真をうまく隠す方法を知っていると嫌な思いをしなくてもよくなります。

実はiPhoneの写真アプリ、他人には見られたくない写真のみ隠すことができ、保存しておくことが可能なんです。

今回はiPhoneの写真や動画をうまく隠す方法をご紹介します。

【iPhone】写真を隠す方法は2通り!それぞれのメリットは?

iPhoneで撮影した写真は、そのまま写真アプリに保存されます。大切な個人情報のスクショや見られたくない写真など、うっかり他人の前で写真アプリを開いても見られずに済むよう、写真を隠す2つの方法を説明します。

写真自体を隠す

「写真アプリ」内の見せたくない写真だけを非表示にし、隠して保存することができます。人に見られてもいいものはそのまま画面に表示されますが、見せたくないものを非表示設定にすることで、うっかり写真アプリを開いて、他人に見られたくない写真が表示されてしまうということがなくなります。

写真にロックをかける

写真を見られないよう、写真にパスワードをかけロックします。するとiPhoneのロックが解除されても、写真を見るには更にパスワードが必要になるので、簡単に見ることができなくなります。これで、もしスマートフォンを紛失したり、パスワードを見破られてしまっても、誰かに写真を見られてしまう心配がいらなくなります。

【iPhone】写真を隠す方法《標準機能》

一枚のみ隠す方法

写真アプリ>アルバム>写真選択>共有アイコン>非表示>非表示にする

①iPhoneの「写真アプリ」のアルバムを開き、画面右上の「選択」をタップ後に、非表示にしたい写真をタップします。

LINE50

②画面左下にある「共有アイコン」をタップします。

LINE51

③先程選択した写真が選択中になっている状態で、「非表示」をタップします。

LINE52

④「非表示にする」をタップすると完了です。先程のアルバムに戻ると非表示設定した写真のみが消えています。

LINE53

非表示にしたいものがあれば写真を選択して「非表示設定」するだけで、簡単に写真アプリを開いても見えなくなります。非表示にしたとしても写真アプリの「非表示」フォルダに移動しただけなので、写真そのものは削除されていません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。