『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone・Android】スマホのスリープモードを徹底解説!

【iPhone・Android】スマホのスリープモードを徹底解説!

短時間設定にするとデータ通信に影響することもある

スマホのスリープモードで注意したいことの2点目は、スリープモードの間隔が短すぎると、データ通信に影響が及ぶ場合があるということです。

スリープモードの間隔が短ければ電力消費の節約に貢献しますが、ファイルやアプリのダウンロードの際に、まだダウンロードが完了していないのにスリープモードになってしまうと、ダウンロードができないだけでなく、ふりだしに戻ってしまいます。

スマホから離れずに、定期的に画面をタッチしないといけなくなります。

【iPhone】「低電力モード」のときは自動で30秒設定になる

スマホのスリープモードで注意したい3点目は、「低電力モード」のときは自動で30秒設定になるということです。バッテリーの消耗を防ぐために、iPhoneにはバッテリーの「低電力モード」が搭載されています。

この設定が「ON」になっていると、スリープモードの間隔が自動的に30秒になってしまいます。もしスリープモードの間隔をもう少し長くしたいなら、「低電力モード」を「OFF」にしましょう。設定方法を説明します。

iPhoneのホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定

「設定」画面が立ち上がります。画面に表示されているメニューの中から「バッテリー」を選択しましょう。

バッテリー

「バッテリー」画面になります。表示されている項目に「低電力モード」があるので「オフ」にしましょう。

低電力モード

iPhoneとiPadでは設定できる時間が違う

スマホのスリープモードで注意したい4点目は、iPhoneとiPadでは設定できる時間が違うことです。iPadのスリープモードの間隔の最長時間は15分ですが、iPhoneの場合は5分です。iPhoneとiPadの違いを、ぜひ覚えておきましょう。

違い

スマホのスリープモードを効果的に活用しよう!

スマホのバッテリーの消耗が気になるユーザーにとって、電力消費を節約できる、バッテリーに優しいスリープモードはとてもありがたい機能です。

スリープモードが作動してしまうと、パスコードを再び打ち込まなければスマホの操作ができない、という面倒くささはありますが、逆にそのことが、セキュリティ性を高めてくれます。スマホのスリープモードを効果的に活用しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。