『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない!解決方法は?

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない!解決方法は?

Contents[OPEN]

ユーザーアカウントが非公開

非公開画面

Twitterユーザーがアカウントを非公開で設定している場合、フォローしていない相手からはそのアカウントの投稿は見ることができません。

この非公開設定はリプライにも当てはまります。

もしも非公開の相手からお返事が届いても、お互いにフォローしていない限りはTwitter上には表示されず、内容を確認することもできなくなります。

クオリティフィルターの誤作動

クオリティフィルタ―とは、一部クオリティーが低いとTwitter側に判断されたツイートを非表示にしてくれる機能です。

これらの投稿の中には、誰かを誹謗中傷したりなどの悪意のあるツイートや自動投稿で作られるbotツイートなどが挙げられます。

また、このクオリティフィルターは誤作動を起こしてしまうことがあり、それによってリプライがタイムラインに表示されないこともあるのでオフにしておくことで対策ができます。

【Twitter】タイムラインにリプライが表示されないときの対処法

タイムライン上にリプライがに表示されない!という原因は、上に挙げたように様々な原因が考えられます。

では、その対処はどうすればいいのでしょうか?

相互フォローする

まずは、返事を送った相手や送られてきた相手と相互フォローできているか確認してみてください。

フォロワーが多くなってくると、お互いにフォローしていたつもりでもできていないことがあります。

せっかくの会話の機会を減らさないためにも、リプライが表示されない時は、相互フォローになっているかどうかチェックしてみましょう。

相互フォロー

ミュートの設定を確認する

ミューとしているキーワードがリプライの中にあると、お互いにフォローしていたとしてもそのリプライは表示されません。

ミュートの設定を確認してみましょう。

Twitterの個人の「設定とプライバシー」画面の「通知」→「ミュート中」をタップします。

通知タブ

「ミュートするキーワード」をタップします。

ミュート画面

「キーワードを削除」するか、「ミュート対象」で「フォローしていないアカウント」を設定します。

Twitterミュート画面

お互いのアカウントを公開アカウントにする

お互いのアカウントが公開アカウントになっていれば、非公開設定でどちらかのリプライが表示されないということはありません。

そして、届いた返事自体が見られないなんてこともありません。

どうしてもフォロー外のアカウントにリプライを送りたい場合は、一時的に非公開を外すことも検討してみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。