『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】メールアドレスの認証とは?できないときの対処法!

【Instagram】メールアドレスの認証とは?できないときの対処法!

友だちと写真を共有したくてInstagramを始めた、というユーザーは大勢いると思います。Instagramがあれば友人や知人、家族とつながれるだけでなく、日本を始めとして世界中のユーザーが投稿する魅力的で面白い写真の閲覧も楽しめますよね。

しかし、FacebookやLINEなど他のSNSアプリと同じように、Instagramのサービスを始めるためには、まず自分のアカウントを作成する必要があります。

作成した自分のアカウントにメールアドレスを登録すれば、メールアドレスの認証ができ、安心してInstagramを使うことができるようになります。

万が一、このメールアドレスの認証ができない場合、どんな対処法があるでしょうか。この記事で詳しく説明していきます。

Contents[OPEN]

【Instagram】登録したメールアドレスが認証できない場合

いよいよこれからInstagramを始めようと考えている人も多いはずです。Instagramの登録に、メールアドレスは必須なのでしょうか。

Instagramはアドレスの登録なしでも始められる!

他のSNSアプリとは異なり、Instagramでアカウントを作成するのに、メールアドレスを登録するのは必要不可欠ではありません。

メールアドレスの登録をせずに、Instagramのアカウントを作ることが可能なんです。

電話番号で登録すればOK

メールアドレスの登録の必要がないなら、どのようにアカウントを作成するのでしょうか。

Instagramのアカウントは、使用しているスマートフォンの電話番号を登録すれば作れます。他のSNSアプリの場合、メールアドレスと電話番号の両方を登録しなければアカウントを作れないことがありますが、Instagramでは、どちらかが登録されていれば大丈夫なのです。

メールアドレスでアカウントの作成をしてもいいですし、電話番号を使ってアカウントの作成をしても問題ありません。

アカウント作成

パスワードを忘れたときでも大丈夫!

Instagramアカウントの作成が終わり、Instagramを利用し始めます。ところがInstagramに登録したパスワードを忘れてしまいました。メールアドレスも登録していません。こんな状況で、Instagramに再びログインできるのでしょうか。

Instagramはパスワードを忘れた場合に、パスワードのリセットをするため2つの選択肢を提供してくれます。1つ目は登録したメールアドレスに送信される認証コードで、2つ目は登録した電話番号に送信される認証コードです。

メールアドレスの登録をしていなくても、電話番号の登録をしていれば、登録した電話番号に6桁の認証コードが送信されるので、その認証コードを指定の項目に入力すればパスワードのリセットができ、再びInstagramにログインできるようになります。

認証コードの送信

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。