『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】バイブレーションを自分らしく設定!便利に使おう!

【iPhone】バイブレーションを自分らしく設定!便利に使おう!

着信や通知を知らせてくれる機能はとても便利ですが、時に迷惑に感じることもあります。

特に、満員電車やバスに乗って勤め先や学校に向かっている時に、突然自分のiPhoneの着信音や通知音が鳴ると、ドキッとします。

そんなときに便利なのが、iPhoneのバイブレーション機能です。

着信音や通知音という音で知らせるのではなく、iPhoneの揺れによって知らせてくれるため、周りに気を遣う必要がないので安心です。

この記事で、iPhoneのバイブレーション機能について詳しく紹介します。

【iPhone】バイブレーションのオン・オフの設定は?

大切な電話やメッセージを知らせてくれるスマホの機能は必要です。

そのため、多くのiPhoneユーザーが活用しているのが、バイブレーション機能です。

バイブレーション機能は、音を出さずiPhoneの振動によって着信や通知を知らせてくれるため、周りに気を遣う必要がなく便利です。

どのように設定するのでしょうか。

バイブレーションは設定から切り替える

iPhoneのバイブレーション機能はどのようにセットするのか、これから説明します。

iPhoneのホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定

「設定」画面に表示されている項目から「サウンド」を選択しましょう。

サウンド

「サウンド」画面になります。画面の一番上に「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」の2つが「バイブレーション」の中にあります。2つとも「ON」にセットしましょう。これでバイブレーション機能がセットされました。

バイブレーション

着信スイッチ選択時・サイレントスイッチ選択時とは?

ここまで、iPhoneのバイブレーション機能をセットする方法を紹介しました。

「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」は一体何のことでしょうか。

簡単に言うと、iPhoneの「マナーモード」が「ON」になっているか「OFF」になっているかを表しています。

「サイレントモード」とも呼ばれる「マナーモード」を「ON」にすると、誰かが電話をかけてきたり、SNSメッセージを送信したりしても、通知音は「OFF」セットになるので鳴りません。

逆に「マナーモード」を「OFF」にすると、通知音は「ON」セットになるので鳴ります。

マナーモードボタン

【iPhone】バイブレーションの設定方法は色々

iPhoneのバイブレーション機能は、4タイプあります。

「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」の組み合わせによってセットします。

自分の目的や希望に応じて選択し、セットできます。

これから具体的に、iPhoneバイブレーション機能でセットできる4タイプを詳しく紹介します。

いつもオンにするには

iPhoneのバイブレーション機能のタイプ1は、「いつもオン」です。

「いつもオン」とは、いつもバイブレーションで知らせてくれるという設定のことです。

「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」を共に無効化します。

常時オン

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。