『かわいい』が生まれる場所。

【実は簡単!】Twitterでアカウント削除後に復活する方法

【実は簡単!】Twitterでアカウント削除後に復活する方法

何かと話題の多いSNSであるTwitterですが、退会を考えているユーザーも多くいるようです。

ただ、「退会をすると二度とアカウントを復活させることができないのではないか」と心配になり、退会を見合わせているかもしれません。

実は、Twitterアカウントは削除しても、簡単に復活できます。

どのように、削除したTwitterアカウントを復活するのでしょうか。

この記事で詳しく解説します。

【Twitter】アカウントの復活は可能!注意点は?

現在日本において、2番目に多くのユーザー数を持つSNSはTwitterで、ユーザー数は4,500万人と言われています。

しかし、他の人のユーザーのツイートがいつも気になり、ストレスに感じるユーザーや攻撃的なツイートに心を傷つけられたユーザーもいます。

そのため、Twitterを削除したいと考える人がいます。

ただ、Twitterにログインできなくなるのではないかと心配になる人もいるかもしれません。

実は、Twitterアカウントの復活は簡単にできます。

ただ注意点があるので説明していきます!

削除後30日以内であれば復活可能

Twitterアカウントの復活を行う際に覚えておくべき注意点は、アカウント削除後30日以内でなければ復活はできないということです。

Twitterアカウントに、30日間の復活猶予期間が設けられていることには大きなメリットがあります。

アカウントを削除して二度と復活できなければ、削除を思いとどまるしかありません。

復活猶予期間がとても短ければ、考える時間を十分に持てないので、やはり削除を思いとどまってしまいます。

しかし30日間の猶予期間が与えられればブレイクするという意味合いで、Twitterアカウントを削除し、その後復活すべきかどうか、十分に考えることができます。

アプリでもブラウザでも復活可能

Twitterアカウントを削除するには、Instagramの場合のようにブラウザからしかできないわけではありません。

Twitterアプリから削除することもできます。

スマホから簡単に、Twitterアカウントの削除が行えます。

復活後にデータが戻るのに24時間かかる

Twitterアカウントの復活を行う際に、覚えておくべき注意点はもう1つあります。

それはTwitterアカウントの復活は簡単に行えるものの、これまで蓄積したすべてのデータを回復するには24時間かかるということです。

データが確実に回復できるので心配の必要はありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。