スマホで見つける、もっと可愛い私

【実は簡単!】Twitterでアカウント削除後に復活する方法

【実は簡単!】Twitterでアカウント削除後に復活する方法

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

【Twitter】アカウント復活で困ったときには

Twitterのアカウントを復活させようとしてログインしたら、リクエストが拒否されてアカウントの復活ができないことがあります。

どうすればアカウントの復活を行えるのでしょうか。

それぞれの状況で、アカウントを復活させるための対処法を解説します。

「復活処理が現在無効」と表示される

Twitterのアカウントを復活させるためにログインしたら、「復活処理が現在無効」という表示が出て、復活ができないことがあります。

原因は分かりませんが、こうした問題が生じ、アカウントの復活ができないことが稀にあります。

問題は恒久的なものではないので、1時間後、または2時間後にもう一度ログイン画面からアカウント復活ができるか試してみましょう。

削除したメールアドレス・ユーザー名を別のアカウントで使いたいときは

ユーザーの中には、Twitterのアカウントを削除して復活させたいものの、復活させるときは削除したユーザー名と電子メールアドレスを使って新しいアカウントにしたいという人もいます。

どうすればいいでしょうか。

その場合、アカウントを削除する前に、自分の電子メールアドレスとアカウント名の変更をしておく必要があります。

そのため、削除して使用出来なくなる電子メールアドレスとユーザー名、アカウント復活後に使用する電子メールアドレスとユーザー名が必要になります。

ユーザー名と電子メールアドレスの変更方法を説明します。

Twitterアプリを開き、ホーム画面の左上にあるアカウントのアイコンをタップしましょう。

アカウントアイコン

メニューが表示されます。表示されるメニューから「設定とプライバシー」を選択しましょう。

設定とプライバシー

「設定とプライバシー」画面が立ち上がります。表示される項目の中から「アカウント」を選択しましょう。

アカウント

「アカウント」画面になります。表示される項目に「ユーザー名」と「メールアドレス」があるので、それぞれクリックして変更します。

アカウント

ログイン情報を忘れてしまった

Twitterのアカウントを復活させようとしたら、以前のログイン情報が思い出せずにアカウントの復活ができない場合は、どうすればいいでしょうか。

その場合は、Twitterの「ヘルプセンター」からアカウントの復活に関する問い合わせフォームを送信し、その後Twitterからパスワードリセットメールをリクエストしてもらう必要があります。

Twitter ヘルプセンター

Twitterアカウントがハッキングされて削除された場合

先日、米国で多くの有名人のTwitterアカウントがハッキングされました。

もしも自分のアカウントがハッキングされたら、どのように対処するべきでしょうか?

その場合、まずTwitterの「ヘルプセンター」からパスワードリセットフォームを送信します。

パスワードをリセットした後も復活ができないなら、Twitterの「ヘルプセンター」から「サポートが必要なトピックの選択」ページにアクセスし、「アカウントが乗っ取られた場合」を選択し、送信しましょう。

Twitterのアカウントの復活は30日が過ぎる前に行おう!

Twitterのアカウントを削除した後、30日以内であれば復活できます。

Twitterでのやり取りに疲れを感じたり、攻撃的なツイートをされて嫌な思いをしたりしてTwitterを退会したいと考えているなら、アカウントの削除が可能です。

その際、30日という復活猶予期間を最大限に活かし、今後Twitterを再開するかどうかを決めると良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。