『かわいい』が生まれる場所。

【iPhoneカメラ】ナイトモードで暗い場所でもきれいに撮れる!使い方をご紹介♡

【iPhoneカメラ】ナイトモードで暗い場所でもきれいに撮れる!使い方をご紹介♡

往来のiPhoneでは暗い場所での撮影が出来ず、撮影してみても光が無い場所だとほとんど何も映らない所が難点でした。

ですが今回、新機種のiPhone11シリーズに「ナイトモード」という機能が搭載され、難点を見事克服したiPhone。

この新しい機能「ナイトモード」について詳しくご紹介していきます。

【iPhone】ナイトモードとは?

iPhone新機能「ナイトモード」は、夜間の暗い状況下でも美しい写真を撮影でき、誰でも簡単に素晴らしい写真が撮れるよう開発されたものです。

iPhone11シリーズで初めて搭載された「ナイトモード」の機能や操作性、どんな仕組みのものなのか詳しくご紹介していきます。

是非参考にしてみて下さい。

iPhone11シリーズに搭載された機能

iPhone11promax本体画面画像

出典:Apple公式サイト

「ナイトモード」は、iPhone11シリーズから搭載された新機能です。

この機能が備わったことで、よりiPhoneでの写真撮影が魅力的なものになっていますよ。

また、iPhone11の特色である「デュアルカメラシステム」や、iPhone11 Proの独自機能「トリプルカメラシステム」は、どちらもパワフルで直感的に使え「誰もがプロのような写真撮影に取り組める」をコンセプトに備えられた機能となっています。

このiPhone史上、最高レベルのカメラや新機能によって、実現させることが可能になったものが「ナイトモード」なのです。

「ナイトモード」を簡単に説明すると、デジカメなどにある「夜景モード」です。

夜景がキレイに撮れる!

apple公式ナイトモード撮影イベント時画面画像

出典:Apple公式Newsroom

iPhone11以前のモデルでは、暗い場所での写真撮影は不可能とされてきましたが、「focuspixels」を100%使えるようになった「広角センサー」や、デュアルカメラになったことで、かなり暗い場所での撮影や夜景撮影ができるようになりました。

ただ単に、夜景などを撮影するだけの機能ではなく、そのiPhone11シリーズのカメラ性能はプロが認めえるレベルになっており、Apple社がこだわった「誰もがプロのような写真撮影に取り組むことができる」ものになっています。

ナイトモードの仕組みは?

「ナイトモード」は、明るいレンズを使ったりシャッターのスピードを遅くするなど「光学的」明るさを利用して写真を撮影しているわけではありません。

一度の撮影の中で、複数枚の写真を撮影し内部で処理しています。

コントラスト(色の調整)やノイズ除去などの処理を施した後、1枚の写真が出来上がる仕組みとなっています。

apple公式ニュースルーム画面画像

出典:Apple公式Newsroom
 
また、「100%のfocuspixelsを使った広角センサー」という新しい機能で、明るさがない暗い場所でも最大約3倍速でオートフォーカス撮影ができ、パワフルな「ナイトモード」が可能となりました。

見た目のインパクトから話題となった新しい「望遠」「超広角」「広角」の三眼カメラによって、昼夜問わず一日中いつでも最強に美しい写真撮影が可能。

iPhone11シリーズは間違いなくカメラ機能が格段にアップしています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。