『かわいい』が生まれる場所。

【解決!】Googleマップの位置情報がおかしいときの対処法

【解決!】Googleマップの位置情報がおかしいときの対処法

端末による不具合

Googleの現在地情報がずれる原因はいろいろあげられますが、スマホ端末に内蔵されているコンパスが狂っていたり、スマホ端末そのものの不具合によりGPS信号などが受信できなくなっていることも考えられます。

【Google】位置情報がおかしいときの対処法

では、Google位置情報がずれてしまったり、全く違う場所になっている場合、どのように対処すれば正確な現在地が表示されるのでしょうか?

原因別にそれぞれの対処法を紹介していきます。

GPSやWi-Fiをオンに設定する

Googleマップでは、GPS衛星やWi-Fiのネットワークなどを組み合わせて現在地の特定をしています。

そのため、スマホの位置情報がオフに設定されている場合は正確な現在地を取得できません。

位置情報サービスやWi-Fiの設定をオンにしましょう。

正しい日時を再設定する

GPSで受信される日時とスマホの時刻が手動設定などでずれてしまっている場合は、日付と時刻の自動設定をオンにして正しい日時の再設定を行いましょう。

コンパスの設定を確認する

スマホのコンパスが一時的に狂ってしまっている場合、内蔵されているコンパスの調整が必要です。

一度スマホ端末を再起動させるか、アプリからコンパスの調整をしてみましょう。

節電アプリを見直す

GPSを使用するGoogleマップでは、位置情報の検索のため、常にスマホがGPSと通信している状態にあります。

そのため、バッテリーの消費量も多いです。

しかし、節電アプリを使用しているとGPSの位置情報の検出までに時間がかかり、精度も低くなります。

より正確な位置情報を特定するためにも、スマホの節電・省エネモードを解除し、高精度モードに設定を変更しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。