『かわいい』が生まれる場所。

【スマートフォン】簡単!サイズ変更後の写真をメールに添付する方法

【スマートフォン】簡単!サイズ変更後の写真をメールに添付する方法

SNS全盛の今でも、メールで写真を送信する機会はたくさんあります。

ただ、メールで写真を送信するときに注意しなければならないのが、写真のサイズです。

写真のサイズを考えずに相手に送信すると、相手がモバイル通信のスマホで受信すると時間がかかるため、たくさんの通信料を相手に負担させることになり、迷惑をかけてしまいます。

どうすればメールで写真を送信する前に、写真のサイズダウンを行えるのでしょうか。この記事で詳しく解説します。

【スマートフォン】サイズ変更した写真をメールに添付したい!

スマホユーザーの多くは、モバイル通信でインターネットを利用しています。通話回線契約の内容に関して言えば、現在最も多いのが「パケット定額」での契約です。

パケット通信は、インターネットによって音声通話、動画、画像ファイルをやり取りするのに用いられる通信技術で、複数のユーザーが同じ通話回線を共有するスタイルを取っているため、伝送効率がいいのが最大の特徴です。

パケット通信料は、通話回線の接続時間によって変化するのではなく、データの総受信量によって変わります。ですから、送信するデータ容量が大きければ、より多くの通信料の支払いが求められます。

パケット定額の契約に加入しているなら、上限を超えなければ課金はされませんが、上限を超えると回線速度が極端に遅くなります。

スマホでメールを写真付きで送受信する際に、写真のサイズが大きく、データ量が多くなれば、送信する側も、受信する側も、契約内容によっては大きな影響を受けることになります。

写真のサイズダウンをすることは、メールで写真を添付して送信する際には必須の条件になりますが、どうすればサイズダウンできるのでしょうか。

【写真を添付する前に】 送信可能な容量を確認しておく

メールで送信するため、写真をサイズダウンする方法を説明する前に、まず確認すべき点について紹介します。メールで送信可能な画像データ容量がどれくらいなのかということです。

写真を送信する際に重要なのは、送信可能な画像データ容量の上限と、メールボックスの容量を覚えておくことです。以下にメールソフトとして多くのユーザーが利用している3つのメールを取り上げ、送信可能な画像データ容量とメールボックスの容量をまとめてみます。

Gmail 送信可能データ容量(25MB)メールボックスの容量(15GB)
Hotmail 送信可能データ容量(25MB)メールボックスの容量(制限無し)
Yahoo!メール 送信可能データ容量(25MB)メールボックスの容量(2GB)

メールアプリを使う

メールで送信する写真をサイズダウンし、画像データを小さくする方法は2つあります。1つ目の方法は、「メール」アプリを使用することです。iPhoneにもAndroidスマホにも、「メール」アプリは標準インストールされています。

それらインストールされている「メール」アプリを使えば、送信する写真をサイズダウンし、画像データ容量を小さくできます。

圧縮用の専用アプリを使う

メールで送信する写真をサイズダウンし、画像データを小さくする2番目の方法は、圧縮用の専用アプリを使用することです。

圧縮するとは、データ容量が大きい画像データなどを小さくすることにより、通信にかかる時間やネットワークにかかる負荷を抑えることです。「App Store」からでも「Google Play」からでも圧縮用の専用アプリを入手できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。