『かわいい』が生まれる場所。

iPhone Walletマスター!Suicaも登録しちゃおう!

iPhone Walletマスター!Suicaも登録しちゃおう!

キャッシュレス決済が増えてきている今、お財布を持たずに出かける人もいるのではないでしょうか。

しかし、お財布がないと交通系のICカード・クレジットカード・チケットなどが持ち歩けないという問題があります。

そこで、この問題を解決するのがiPhoneにあるWalletアプリです。

いつの間にかアップデートでiPhoneの画面にWalletというアプリが入っていたけど、使い方を知らない人もいるかもしれません。

Walletを使えばカード管理も簡単になります。ここではWalletアプリの機能や使い方を紹介します。

【iPhone】Walletとは?使用するメリット!

Walletアプリを使うと、どんなことができるのでしょうか?

さっそく、Walletアプリの機能を紹介していきます!

カードやチケットなどを管理できて便利!

Walletの主な機能は、様々なカードやチケットをアプリ上で管理できるというものです。

よく使うカード情報をアプリに登録しておけば、カード自体は家で安全に保管することができます。

Walletで登録できるカードの種類はSuicaなど交通系のICカード、クレジットカード、プリペイドカードをはじめ飛行機の搭乗券、映画のチケット、お店のポイントカードなど多岐に渡ります。

iPhoneがまるで本当のお財布になったように感じられますね。

支払い方法の設定もできる

Walletに登録しているクレジットカードなどでお買い物の支払いも可能です。この時、メインで使うカードを設定しておくと、支払いもスムーズで簡単です。

まず、iPhoneのホーム画面から設定を開きます。

メインカード登録

「WalletとApple Pay」をタップしましょう。

メインカード登録

メインカードを選択し、住所などを登録しましょう。これでいざお買い物をする際はtouch IDだけで決済ができたり、カード情報の入力を省略できて便利です。

【iPhone】Walletに登録できるカード

Walletではすべてのカードが登録できるわけではありません。そのためショッピングモールやスーパーなどのポイントカードも全部入れたい!というのは残念ながらできません。

では、どんなカードなら登録出来るのでしょうか。

Suica・PASMO

交通系のICカードで登録できる代表はSuicaです。バス・電車など日本の各地でSuica1枚で移動できるようにになってきていますね。

Suicaは電子マネーとしても利用できるので、通勤・通学で公共交通機関を使う人にとってはおなじみのカードかもしれません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。