『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】写真の一括削除ってどうやるの?簡単な方法をご紹介!

【iPhone】写真の一括削除ってどうやるの?簡単な方法をご紹介!

iPhoneにたくさんの写真や動画、またアプリが保存されていると、内部ストレージの空き容量が圧迫されiPhoneの動作不良やフリーズの原因になります。

そのため不要なアプリを削除しデータをPCなどに転送させた後、iPhone内のすべての写真や動画を削除してストレージの空き容量を増やしていると思います。

ストレージ内の写真が多ければ多いほど、削除するのは大変ですよね。

では、iPhoneの写真を一括削除することは可能でしょうか。

また、可能ならどのように行うのでしょうか。

この記事で詳しく解説します。

【iPhone】写真を一括削除する方法

スマホで写真を撮る、ということが日常的になっている人が多い中で、スマホの空き容量がなくなった!という経験をした人も多いのはでしょうないでしょうか。

写真をPCなどに転送して端末内から削除しないと、ストレージの空き容量はすぐになくなり、端末の動作に影響が出るようになります。

では、iPhoneの保存写真を一度にすべて削除することは可能でしょうか。

写真アプリから削除を実行しよう

iPhoneで撮影された写真はすべて、「写真」アプリの中に保存されます。

「写真」アプリには写真を1枚ずつではなく、一緒にまとめて削除する機能があります。

では、具体的にどのように「写真」アプリに保存された写真を削除するのでしょうか。

カメラロールから複数枚の写真を選択して削除する

最初に、「写真」アプリ内の写真を削除する一般的な方法を紹介します。

ホーム画面にある「写真」アプリを開きましょう。

写真アプリ

「写真」アプリが立ち上がります。

画面は「マイアルバム」になっているはずです。

すべての写真は「最近の項目」フォルダにあるのでクリックしましょう。

最近の項目

「最近の項目」フォルダ内にあるすべての写真が表示されます。

画面右上にある「選択」アイコンをクリックしましょう。

選択

削除したい写真をすべてタップして選択し、最後に画面右下にある「ゴミ箱」で表示されている「削除」アイコンを押し、写真を削除しましょう。

削除

【iPhone】「メディアタイプ」の項目ごとに一括削除する方法

iPhoneの「写真」アプリで写真を消去する方法は他にもあります。

「メディアタイプ」ごとに写真を削除することです。

iPhoneの写真撮影機能は高性能で、いろいろなモードで撮影できます。

それぞれの撮影モードによって写真を分類し、管理するために追加された機能が「メディアタイプ」です。

どのように「メディアタイプ」ごとに写真を削除するのでしょうか。

まずメリットからお伝えします。

メディアタイプの削除のメリット

「メディアタイプ」ごとに写真を削除することには、どんなメリットがあるのでしょうか。

たとえば「スクリーンショット」や「バースト」は、撮影後何度も閲覧し直すことはありませんよね。

しかし「最近の項目」から「スクリーンショット」や「バースト」だけを探して削除するのは大仕事です。

ここで「メディアタイプ」機能を使えば、そうした大仕事をせずに、不要な写真をまとめて削除できるのでとても便利ですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。