『かわいい』が生まれる場所。

【意外と簡単♪】Macの写真や動画をiPhoneに転送する方法

【意外と簡単♪】Macの写真や動画をiPhoneに転送する方法

スマホならいつでもどこでも気軽に写真や動画を撮ることができるため、ついつい撮りすぎてしまうこともあるでしょう。

また、SNSなどを利用しているうちに保存した写真が膨大になっているという人もおおいはず。

そんな写真や動画を、PCに取り込んで管理できれば便利ですよね。データをPCに転送するのは一見難しそうですが、実はとても簡単なんです。

この記事では、Appleユーザーの人向けにiPhoneからMacに写真や動画を転送する方法を紹介していきます。

それぞれの方法にメリットがあるため、自分の利用スタイルに合ったものを選んで活用すると良いでしょう。

【iPhone】写真や動画をMacに転送する方法!それぞれのメリットは?

まずは写真や動画をiPhoneからMacに転送する4つの方法について、ざっくりと解説していきます。

iPhoneとMacが両方Apple製品であることを利用した転送方法や、Googleのサービスを利用する方法までさまざま。自分に合った方法を探しましょう。

AirDropを使う

iPhoneからMacに写真や動画を転送する方法のひとつは、AirDropを使うことです。

Wi-FiとBluetoothを用いて、直接のデータのやりとりが可能です。

事前に必要な準備も少なく、自分のデバイス同士だけでなく他人とのデータのやりとりにも向いています。

Apple製品同士だからこそ使える機能を、最大限活用していきましょう。

Lightning-USBケーブルを使う

Lightning-USBケーブルを使ってiPhoneとMacを直接繋げ、写真をMacに取り込む方法もあります。

Lightning-USBはあiPhone購入時にも付いてくるもので、コンビニなどでも気軽に買えるので難しく考えなくて大丈夫です。

ケーブルを通して、確実にデータを送受信できます。また、iPhoneに保存している写真を丸ごとMacに保存できるため、バックアップにも向いています。

フォトストリームで転送

同じApple IDでログインしているデバイス同士で転送を行うなら、「フォトストリーム」を使うのがおすすめ。一度設定をしておけば、Wi-Fiが繋がってさえいれば自動で共有を行なってくれるのが魅力です。

いくつかの制限はありますが、制限が気にならない場合には非常に便利なサービスと言えるでしょう。

クラウドサービスを利用

iPhoneからクラウドサービスに写真をアップロードし、Macからそこにアクセスして写真を保存することもできます。

クラウドサービスにはさまざまな種類があり、料金やサービス詳細も千差万別。自分の使い方にぴったりなサービスもきっと見つかるはずです。

後ほど、クラウドサービスのひとつとしてGoogleフォトの使い方も解説していきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。