『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone標準カメラ】綺麗で迫力のある写真が残せる!接写の撮影方法

【iPhone標準カメラ】綺麗で迫力のある写真が残せる!接写の撮影方法

小さな生き物や美味しそうな食べものにグッと近寄って接写したいと思ったことはありませんか。

iPhoneには高性能カメラがついていますが、どうすればiPhoneのカメラでキレイに接写撮影できるのでしょうか。この記事で詳しく解説します。

【iPhone標準カメラ】接写とは

実は、iPhoneは接写で写真が綺麗に撮れるデバイスなんです。

この「接写」とはなんでしょうか。

被写体を近距離で写真を撮ること

接写とは、被写体を近距離から撮影する撮影方法で、「クローズアップ撮影」とも呼ばれています。接写で写真を撮影するシーンには、花や昆虫と言った小さな被写体を撮影することが含まれます。

接写をするには、ピント合わせや露出調節に独自の撮影技術が求められます。具体的に言えば、被写体の焦点が合っているように見える、被写体側の距離の範囲が浅くなるため、最小絞りにしなければなりません。

またレンズとフィルム面の間隔が長くなるので、露出を撮影倍率に応じて増やさなければなりません。ここまで読んだけでもちょっと頭がこんがらがってきますよね。カメラの知識や技術が限られているユーザ-には、なかなか難しい撮影テクニックであると言えます。

標準カメラアプリのみで接写が可能

しかしiPhoneを使えば、通常は高い撮影テクニックが必要な、接写による写真撮影も簡単に行えます。

ちなみに「App Store」にはたくさんのカメラアプリがあります。中には接写に強いものもありますが、接写のためわざわざ別のアプリをインストールする前に、ぜひ標準カメラアプリを試してみましょう。

迫力がある写真を撮りたい人にオススメ

接写で写真を撮影する魅力は何でしょうか?接写の最大の魅力は、遠目では捉えられない被写体の細かい部分を描写でき、迫力のある写真が撮れることです。

例えば、日頃、あまり気にも留めない小さな昆虫などの生き物を接写で撮影すると、普段は気づかなかったディテールがクローズアップされ、まるで別の生き物を撮影しているかのような迫力とダイナミックさを表現できます。

接写で撮影された小さな生き物の写真に囲まれると、人間の世界と昆虫の世界が逆転したかのような錯覚を感じて面白いですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。