『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone標準カメラ】綺麗で迫力のある写真が残せる!接写の撮影方法

【iPhone標準カメラ】綺麗で迫力のある写真が残せる!接写の撮影方法

【iPhone標準カメラ】接写撮影のメリット

では接写で写真を撮影することにはどんなメリットがあるのでしょうか。
接写撮影には何か優れた点があるのでしょうか。2つのメリットを紹介します。

被写体がハッキリ見える

接写撮影のメリットの1つは、被写体がハッキリ見えることです。接写で撮影すると、肉眼では見えづらい細かな点に至るまで被写体の詳細をハッキリ写し出せます。

被写体の迫力とリアルさを求めるのであれば、接写に勝る撮影方法はないと言えます。

自分が見たままの状態が伝わりやすい

接写撮影のもう1つのメリットは、自分の見たままの被写体を写し出せることです。

接写は、人間の肉眼で見る被写体の細部を限界までリアルに写し出すことができます。カタログや昆虫図鑑などで載せられている写真が、接写の技法で撮影されている理由はそこにあります。

【iPhone標準カメラ】接写撮影をする前に設定しておくこと

ここまで、接写撮影の魅力とメリットについて紹介しました。ここからは、実際にiPhoneでどのように接写撮影を行うかを説明します。接写撮影をするには、iPhoneの「カメラ」アプリの設定を前もって行っておかなければなりません。

「カメラ」アプリを開き、被写体に近づいて写真を撮影すれば、綺麗で迫力のある写真が自動的に撮れるわけではないからです。下準備として行うべき3つの設定を紹介します。

フラッシュは「オフ」に設定する

接写撮影のために行う必要のある最初の設定は、フラッシュ機能を「オフ」設定にすることです。なぜフラッシュ機能は、接写撮影には不向きなのでしょうか。

フラッシュ機能の目的は、主に明るさの補助と被写体の動きを止めてぶれなくすることです。便利な機能ですが、接写撮影の際に、フラッシュを使うと、フラッシュの光が邪魔をして見た目の悪い写真に仕上がってしまうこともあります。

フラッシュ機能は必ず「オフ」設定にしましょう。設定方法を説明します。iPhoneの「カメラ」アプリを開きましょう。画面左上に「フラッシュ」アイコンがあります。「フラッシュ」が「オン」になっていると、メニューが表示されているので「オフ」をクリックしましょう。

フラッシュ

「フラッシュ」機能が「オフ」設定になりました。

フラッシュのOFF

撮影時はHDRモードに切り替える

接写撮影に必要な2番目の設定は、「HDR」モードを「オン」にすることです。「HDR」モードは、「High Dynamic Range」の略称で、次世代の高画質技術として注目されているもので、多くのiPhoneではiPhoneの「設定」であらかじめ「オン」に設定されています。

「HDR」モードで写真を撮影すると、露出の異なる3枚の写真を撮り、画像編集で3枚のいいところをピックアップして合成します。その結果写真の見た目を、肉眼で見たものに限りなく近づけることができます。

接写撮影に「HDR」モードは不可欠なので、下記のどちらかの方法で、必ず「オン」にしましょう。

POINT

  • いつもオンにしておきたい場合・・・「設定」→「カメラ」→「スマートHDR」をオンにすると、iPhoneはHDRが効果的だと判断した場合に自動的にHDRを使用します。
  • 必要な時だけ手動でHDRにしたい場合・・・「設定」→「カメラ」→「スマートHDR」をオフにすると、カメラの撮影画面にHDRボタンが表示され、それを押すことによりHDRのオン・オフを好みに応じて切り替えられます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。