『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone標準カメラ】綺麗で迫力のある写真が残せる!接写の撮影方法

【iPhone標準カメラ】綺麗で迫力のある写真が残せる!接写の撮影方法

オートフォーカス機能/自動露出をロックしておく

接写撮影に必要な3番目の設定は、オートフォーカス機能と自動露出機能を「オフ」にすることです。

オートフォーカスとは、ピントを被写体に自動的に合わせてくれる機能で、自動露出機能とは、明るい被写体でも暗い被写体でも適正な明るさに設定してくれる機能のことです。

写真撮影には不可欠な機能ですが、接写撮影の場合、大きな障害となります。それでこれら2つの設定を「オフ」に設定しましょう。設定方法を説明します。iPhoneの「カメラ」アプリを開きましょう。

被写体を選び撮影態勢に入ります。ピントを合わせたい位置を確定したら、指でスクリーンを長押しします。

長押し

画面に「AE/AFロック」が表示されます。表示されたらオートフォーカス機能と自動露出機能が「OFF」になったことを意味します。

AE/AFロック

【iPhone標準カメラ】接写撮影でキレイに撮るポイント

接写撮影の設定が終わったら、接写撮影を実際に行ってみます。iPhoneの「カメラ」アプリの設定さえ行っていれば、自動的に綺麗な写真が撮影されるわけではありません。

綺麗に撮影するためにはちょっとしたテクニックが必要です。3つのテクニックを紹介します。

画面がブレないように固定することを意識する

最初のテクニックは、画面がブレないように固定することです。つまり手ブレしないように撮影する必要があるということです。接写撮影をするため、オートフォーカス機能を「オフ」にしたので、自動でピントを合わせることはできません。

また「フラッシュ」機能も「オフ」にしました。この記事で紹介したように、「フラッシュ」機能には、被写体の動きを止める働きがあります。ですから「フラッシュ」機能は、手ブレ防止に役立つ機能でもあります。

しかし接写撮影をするため、「フラッシュ」機能を「オフ」にしたので、自分で努力して手ブレしないようにしなければなりません。

被写体に近かづき過ぎない

2番目のテクニックは、カメラを被写体に近づけ過ぎないことです。なぜでしょうか。被写体にカメラを近づけすぎると、ピントが合わせにくいからです。

iPhoneで接写ができるとは言え、本格的な接写機能がすべて搭載されているわけではないので、iPhoneで接写撮影をするときには、ぜひ覚えておきましょう。

更にこだわりたい人は?「接写レンズ」を使ってみよう

3番目のテクニックは、接写レンズを使って撮影することです。iPhoneで接写撮影をするには限界があります。被写体をさらにクローズアップして撮影するには、接写レンズを使う必要があります。

おすすめなのは「セルカレンズ」です。クリップが付いていて、iPhoneのカメラ部分に装着すれば、プロ顔負けの接写撮影ができます。

iPhoneの接写で綺麗で迫力のある写真を撮影しよう!

接写撮影は、高度なテクニックが求められる撮影技法です。しかしiPhoneがあれば簡単にできます。「カメラ」アプリの設定を変え、簡単なテクニックを使えば、綺麗で迫力ある写真撮影が誰にでもできます。

iPhoneの「カメラ」アプリでしか撮影できない接写撮影をして、魅力的な写真をたくさん撮りましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。