『かわいい』が生まれる場所。

【バズりレシピ】「Tasty Japan」から初の料理本『#バズりごはん BEST50』『#バズりスイーツ BEST50』2冊同時発売!!

【バズりレシピ】「Tasty Japan」から初の料理本『#バズりごはん BEST50』『#バズりスイーツ BEST50』2冊同時発売!!

今回は、バズりレシピとしてSNSを中心に大きな話題となっている、Tasty Japanのレシピ本を紹介していきます。

人気のメニューも少しだけ紹介しているので、最後までチェックしてみて下さいね!

【Tasty Japan】バズりごはんのレシピ本が発売!

ト

全世界のミレニアル世代・Z世代の若者たちに大人気の真俯瞰から撮るおしゃれ料理動画「Tasty」。

日本版は、Instagramではタレント渡辺直美さんに次いで日本2位の超人気SNSです。

総フォロワー数日本一の料理動画「Tasty Japan」のレシピメニューがついに本になりました。

世界で100万部越えのTastyレシピ本、待望の日本オリジナル版が新登場!

Tasty JapanのInstagramは、日本の全アカウントランキングで、タレントの渡辺直美さんに次いで2位となっています。

なお、米国の元祖Tastyでは、Facebookのフォロワー数は1億人を超え、これまでに10カ国語で100万部以上のTastyのレシピ本を発売しています。

ミレニアル・Z世代の料理の新ニーズ「映える」「美味しい」「バズる」が揃った画期的レシピ。

今回、日本オリジナル版として小学館から同時発売する2冊では、これまでの4年間の間で特に視聴回数が多かったものをピックアップしました。

最も人気が高かった「ふわトロ!トルネードオムライス」や、「美断面スイーツ」ブームのきっかけになった「まるごとオレンジのホワイトロールケーキ」など注目メニュー満載です。

Tasty Japanを支持しているミレニアル世代やZ世代が料理に求めるニーズである「映える」「美味しい」「(SNSにシェアして)バズる」の3つの要素を盛り込んだ画期的なレシピを収録。

料理のスキルを問わず、料理を作りたいと思う人の気持ちに寄り添い、本でレシピを見ながら、同時に動画で調理工程を見ることができる、これまでにない新しいコンセプトのレシピ本です。

本を通じて、いつでもどこでも、レシピと料理動画を見ながら”好きな時に作りたいものを作る”という、現代のライフスタイルのニーズにお応えします。

【Tasty Japan】#バズりごはん

ト

Tasty Japan #バズりごはん BEST50

【Tasty Japan】#バズりスイーツ

ト

『Tasty Japan #バズりスイーツ BEST50』

【Tasty Japan】#バズりごはんの魅力

SNSで大人気のTasty Japan。

その魅力は、いったいなんでしょうか?

自分も、彼も、パパも、子どもも大盛り上がり!

作って気分が上がり、食べておいしい料理が満載。自分も、彼も、パパも、子どもも、思わず「今日の料理美味しそう~!」の声が響くはず。見た目も「映える料理」だから、食べる前からバズってしまいます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。