『かわいい』が生まれる場所。

Apple WatchでLINEをチェック!便利に使いこなそう!

Apple WatchでLINEをチェック!便利に使いこなそう!

みなさんは、スマートウォッチというものをご存知ですか?

スマートフォンと連携して、電話やメールなど様々な機能を使うことのできる時計型のデバイスです。

Apple Watchは、Appleが開発・販売をしているスマートウォッチ。

おサイフケータイやSuicaなどにも対応し、ますます使いやすくわたしたちの身近なものになってきています。

今回は、Apple WatchでLINEをチェックする方法をご紹介!

スマートウォッチの認知度を一気に上昇させた、Apple Watchを便利に使いこなしちゃいましょう!

【Apple Watch】とは?LINEができるメリット!

Apple Watchは、Appleが開発・販売をしているスマートウォッチ。

このApple WatchでLINEにログインすれば、スマホを取り出さなくても通知に気付けたり、そのままメッセージやスタンプの返信ができるというメリットがあります。

Apple Watchって?

Apple Watchとは、スマートフォンと連携して、電話やメールなど様々な機能を使うことのできる時計型のデバイスです。

2016年のseries2からは、おサイフケータイに対応し、Suicaも利用できるようになりました。

2018年にはデザインが一新され、より薄くなり、表示領域が大きくなったseries4も発売され、今やマーケットシェア1位となっている商品です。

時計型のデバイスですが、発信・受電・通話ができる他、スマホを取り出さなくてもLINEやメールを確認できたり、SuicaやApple Payなどの電子マネーで買い物をすることも可能です。

もちろん、時計としても利用できます!

地図アプリやナビアプリとしても活躍しますし、Apple Watchがあれば、身の回りのことはほとんどできてしまう、持っていて損のないデバイスです!

LINEが使えるApple Watchは?

Apple WatchでLINEが使えるのは、バージョン6以降です。

初代Apple Watchでは、バージョン4、3、2までしかアップデート出来ないため、LINEはインストールできません。

Apple WatchでLINEの通知を見逃さずに済む

Apple WatchにLINEをインストールすることで、新着のメッセージを見られたり返信することもできます。

LINEのバージョン10.0.0からは、ペアリングされたiPhoneが近くになくても、いつでも通知を見られるようになっています。

iPhoneを忘れてしまった時、充電が切れてしまったときでも、新着の通知を見逃すことはありません!

既読をつけずにメッセージを確認できる

Apple Watchに通知が届くと、メッセージの一部が表示されて内容が確認できます。

それを見ただけでは、既読は付きません。

Apple WatchでLINEを開いて内容を確認した場合は別ですが、表示された通知の内容を見るだけであれば既読にはなりません。

すぐに返信ができない場合などに活用できる方法です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。