『かわいい』が生まれる場所。

Apple WatchでLINEをチェック!便利に使いこなそう!

Apple WatchでLINEをチェック!便利に使いこなそう!

防水機能で安心

Apple Watchは、防水機能があります。

運動中の汗や雨、手を洗ったときの飛沫にさらされることはもちろん、series2以降では、水泳をしたりお風呂に入ってもOKです!

突然の雨の中でも、プールなどに遊びに行っているときでも、いつでもどんな場所でも安心して使うことができます!

【Apple Watch】LINEにログインしよう

Apple WatchでLINEを利用するには、ログインが必要。

ここでは、ログインの方法をご紹介します!

iOSをLINEの10.0.0へアップデート後はログインが必要

10.0.0以前のバージョンでも、LINEを利用することができましたが、通知が届かなかったり、友だちリストがウォッチで確認できないなど、実用的でないことも。

ですが、最新のアップデートで問題が改善。

最新のLINEは、iPhoneやiPadと同じようにログインが必要です。

使い始めるには初期設定が必要になるので、準備の手順を説明します!

まずはアプリをインストール

連携しているスマホにLINEがインストールされている状態であれば、自動的にインストールされているはず!

ただ、見つからないときは、iPhoneの「Watch」アプリからLINEをタップ、表示をオンにしましょう。

すると、ウォッチにもLINEがインストールされ、表示されるようになりますよ!

最後に、iPhoneの設定からアカウント画面にあるログインを許可をオンにして、準備は完了!

POINT

  • 「Watch」からLINEを選択。「AppをApple Watchで表示」をオンに
  • 設定からアカウント画面のログイン許可をオンにする

QRコードからPINコードを利用しログイン

LINEをApple Watchで初めて使う時には、表示されるQRコードでログインする必要があります。

LINEを開くと、「QRコードログイン」という画面になるので、Apple Watchに表示されたQRコードをiPhoneのLINEで読み込むと、ログインが完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。