『かわいい』が生まれる場所。

Apple WatchでLINEをチェック!便利に使いこなそう!

Apple WatchでLINEをチェック!便利に使いこなそう!

【Apple Watch】LINEの新着メッセージを確認する場合

ログインができたら、さっそく使ってみましょう!

Apple Watchの一番便利なことは「通知を見逃さない」こと!

手首に付けている状態でバイブレーションが作動すれば、気づかないことはないですよね!

ここでは、通知の確認方法について紹介します!

通知画面で確認する

メッセージがApple Watchに届くと、画面に通知が表示されます。

タップすると、そのまま内容を確認することができます。

なお、この時点では既読はまだ付きません。

さらに、内容をタップして、LINEに切り替わるタイミングで既読が付きます。

ただし、「通知のプライバシー」の設定がオンになっていないと、タップをしなくても内容が自動的に表示されてしまいます。

自動的に内容を表示させないようにする場合は、設定が必要です。

POINT

  • iPhoneの「Watch」アプリを開く
  • 「通知」の項目を選択し、「通知のプライバシー」をオンにする

電車内などの周囲の人の目があるところや、すぐに既読を付けたくない、というときには、この設定をオンにしておくことがオススメです。

通知センターから確認する

見ていないお知らせや対応していないお知らせがあると、文字盤上に赤い丸のマークが付きます。

画面を上から下にスワイプすることで、通知センターが表示され、見ていないお知らせや対応していないの通知を一覧表示させることができます。

まだ見ていないメッセージがある場合は、この通知センターの一覧でチェックしましょう。

LINEアプリから確認する

LINEをインストールしている場合は、「LINE」のアイコンを選択することで、届いた新着メッセージを確認することができます。

全文表示はもちろん、スタンプの表示も可能です。

【Apple Watch】LINEでメッセージのやり取り

Apple Watchではメッセージの確認だけではなく、ちゃんと返信もできるんです!

あんな小さな画面でどうやって・・・?と思う方もいるかも知れませんが、ちゃんとやり取りをすることができます。

ここでは、Apple Watchでできるやりとりの方法や、どんな文章が送れるのかなどを紹介!

簡単なメッセージ・スタンプ・絵文字を送れる

ウォッチの小さな画面上でも、メッセージはもちろん、スタンプや絵文字もしっかりと送ることができます!

「スタンプ」というアイコンをタップすると、Apple Watchから送信可能なスタンプと絵文字が表示されるので、その中から選んで返信しましょう!

ただ、メッセージに関しては、iPhoneやiPadのように好きなように文字入力を行うことができません。

簡単な返信やある程度決まっている返信であれば、Apple Watchからでも返信することが可能です!

その際に便利な「定型文」と「音声入力」について、次の項目で説明していきますね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。