『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】アクティベートできない!原因と対処法をご紹介

【iPhone】アクティベートできない!原因と対処法をご紹介

初めてiPhoneを使用する時や初期化した時は「アクティベート」が必要になります。

ですが、エラーメッセージやロック画面が表示されて正常に実行できないことがあります。

アクティベートできないとiPhoneが使用できないので非常に困りますよね。

そこで今回は、iPhoneをアクティベートできない時の原因と対処法を紹介していくので、困っている人はこの記事を参考にして対処してみて下さい。

Contents[OPEN]

【iPhone】アクティベートとは?

まずは、iPhoneの「アクティベート」について詳しく解説していきます。

iPhoneを使用するために必要な初期設定のこと

「アクティベート」とは、iPhoneを使用するために必要な初期設定のことです。

購入・他の人から譲り受けた端末を初めて使用する時、端末を工場出荷状態に初期化した時にこの設定が必要になります。

iPhoneをアクティベートする時は主に、

  • 言語
  • Apple ID
  • Touch ID
  • パスコード
  • ネットワーク
  • 使用するキーボード

などの設定を行います。

iPhoneをアクティベートする時の流れ

アクティベートは難しく思えるかもしれませんが、基本的に画面の指示に従って操作を進めていけば良いので意外と簡単です。

ここでは、iPhoneをアクティベートする時の実際の流れを説明していきます。

操作手順

  1. iPhoneの電源を入れる。
  2. 「こんにちは」と表示されたら、画面下から上にスワイプ(iPhone 8以前の場合はホームボタンを押す)。
  3. 「言語設定」では「日本語」を選択。
  4. 「国または地域を選択」では「日本」を選択。
  5. 「クイックスタート」の画面が表示されたら、「手動で選択」をタップ。
  6. 使用するキーボードにチェックを入れたら、画面右上の「次へ」をタップ。
  7. 接続するWi-Fiネットワークを選択(Wi-Fiに接続しない場合は「モバイルデータ通信回線を使用」を選択)。
  8. Wi-Fiのパスワードを入力したら、画面右上の「接続」をタップ。
  9. 「データとプライバシー」の内容を確認したら、「続ける」をタップ。
  10. 「Face ID」を設定する場合は「続ける」を選択。
  11. 端末のロックを解除する時に使用するパスコードを作成。
  12. 「Appとデータ」で購入したiPhoneを初めて使用する場合は「Appとデータを選択しない」をタップ。
  13. Apple IDとパスワードを入力してサインイン。
  14. 利用規約の内容を確認したら、画面右下の「同意する」をタップ。

あとは、画面の指示に従ってSiriやスクリーンタイム、自動アップデート、ディスプレイなどの設定を行えば完了です。

【iPhone】「アクティベートされていません」とは?

今までiPhoneを普通に使えていたのに、急に「アクティベートされていません」というメッセージが表示されてiPhoneが使えなくなることがあります。

「アクティベートされていません」ってどんな状態?

「アクティベートされていません」ってどんな状態?

「アクティベートされていません」とは、iPhoneを使用するために必要な初期設定が行われていない状態のことを指します。

このエラーが表示される原因としては、

  • iOSのバージョンが古すぎる
  • 外部から強い衝撃が加わった
  • SIMカードの接触不良

などが挙げられます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。