『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】アクティベートできない!原因と対処法をご紹介

【iPhone】アクティベートできない!原因と対処法をご紹介

Contents[OPEN]

【iPhone】アクティベートできないときの対処法《iOSが古い》

iOSのバージョンが古いのが原因でアクティベートできない場合は、以下の2つの対処法を試してみて下さい。

  • iOSを最新バージョンにアップデートする
  • リカバリーモードで強制アップデート

では、以上の2つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

iOSを最新バージョンにアップデートする

iOSの自動アップデートを有効にしていない場合は、手動で最新バージョンにアップデートする必要があります。

まずは、最新バージョンにアップデートしてからアクティベートできるか試してみましょう。

アップデートする時の操作手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 設定を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップ。
  4. 「インストール」を選択。

引用:Apple公式サイト

あとは、iOSのアップデートが完了するまでしばらく待ちましょう。

リカバリーモードで強制アップデート

リカバリーモードとは、iOSの起動プログラムを使用してiOSのアップデートや修復を行うモードのことです。

通常の方法でアップデートできない場合は、リカバリーモードを起動して強制的にiOSをアップデートしてみましょう。

なお、この方法を実行するにはiTunesをインストールしたパソコンとケーブルが必要となります。

リカバリーモードにする時の操作手順は以下の通りです。

iPhone 8以降の場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. 音量の「+」ボタンを押してすぐに指を離す。
  3. 音量の「-」ボタンを押してすぐに指を離す。
  4. サイドボタンを長押しする。
  5. Appleのロゴが表示されても、サイドボタンを押し続ける。
  6. iTunesのロゴが表示されたら、ボタンから指を離す。

引用:Apple公式サイト

iPhone 7、7 Plusの場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. 音量の「-」ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  3. Appleのロゴが表示されても、音量の「-」ボタンとサイドボタンを押し続ける。
  4. iTunesのロゴが表示されたら、ボタンから指を離す。

引用:Apple公式サイト

iPhone 6s以前の場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. サイドボタンとホームボタンを同時に長押しする。
  3. Appleのロゴが表示されても、サイドボタンとホームボタンを押し続ける。
  4. iTunesのロゴが表示されたら、ボタンから指を離す。

引用:Apple公式サイト

以上の操作を行った後、iTunesが起動して確認画面が表示されたら、リカバリーモードに突入できたのでボタンから指を離して下さい。

リカバリーモードに突入

確認画面には「アップデート」「復元」の2つの選択肢が表示されるので、ここでは「アップデート」を選択しましょう。

あとは画面の指示に従って操作を進めてiOSをアップデートすればOKです。

【iPhone】アクティベートできないときの対処法《本体の不具合》

iPhone本体の不具合が原因でアクティベートできない場合は、以下の2つの対処法を試してみて下さい。

  • 端末を再起動する
  • 安定したWi-Fiに接続する

では、以上の2つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

端末を再起動する

アクティベートできない原因が端末の一時的なあ不具合であれば、再起動するだけで不具合が解消される可能性が高いです。

以下の手順で再起動してから、アクティベートできるか試してみましょう。

iPhone 11、Xの場合

  1. 端末の側面にあるいずれか片方の音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

iPhone SE(第1世代)、5以前の場合

  1. 端末の上部にあるトップボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでトップボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

これで、端末を再起動することができます。

安定したWi-Fiに接続する

iPhoneをアクティベートするには、インターネットの環境が必須です。

不安定なネットワークに接続していたり、速度制限にかかっていたりすると、アクティベートが上手くいかない場合があります。

そのため、自宅など安定したWi-Fiに接続した状態でアクティベートすることをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。