『かわいい』が生まれる場所。

各社のスマホQRコード決済を比較・紹介します!選び方や基準も!

各社のスマホQRコード決済を比較・紹介します!選び方や基準も!

LINEアプリで登録するだけで利用可能「LINE Pay」

「LINE Pay」は、コミュニケーションアプリの「LINE」が提供しているQRコード決済サービスです。

LINE Payを使う最大のメリットは、LINE Payクレジットカードと連携させることで、最大3%のポイント還元を受けられる点です。

また、LINE Pay専用のアプリをインストールしなくてもLINEアプリで登録や決済を行えるのは他の決済アプリにはない魅力です。

加盟店も171万以上と使えるお店が多いので、LINE Payクレジットカードと連携させればザクザクポイントを貯めることができるでしょう。

ポイント還元率 0.5%~3%
加盟店数 171万店以上
支払い方法 前払い、後払い
補償金額 10万円まで
カスタマーサポートの受付時間 メールのみ

使いやすい○○ペイの代表とも言える「PayPay」

/uploads/各社のスマホQRコード決済を比較・紹介します!選び方や基準も!004.png” alt=”LINE Pay” style=”width:50%; max-width:256px; border:solid 1px #dcdcdc”>

「PayPay」は、ヤフーとソフトバンクが共同で設立したPayPay株式会社が提供しているQRコード決済サービスです。

PayPayはサービス開始直後に100億円キャッシュバックなどの大規模なキャンペーンを実施したことで急速に知名度を上げ、現在3,000万人以上の登録者数を擁する国内最大級のQRコード決済サービスになりました。

コンビニやスーパー、飲食店、ドラッグストアなど220万以上の店舗で使えるのが魅力的なポイントです。

また、「Yahoo! JAPANカード」と連携することで常時0.5%、前月の決済金額に応じて最大1.5%のポイント還元を受けられるのでポイントが貯まりやすいです。

セキュリティ対策もきちんとされていますし、不正利用時も全額補償してくれるので、どれを選べば良いのか迷った時はPayPayに登録されることをおすすめします。

ポイント還元率 0.5%~1.5%
加盟店数 220万店以上
支払い方法 前払い、後払い
補償金額 全額補償
カスタマーサポートの受付時間 24時間、年中無休

よく利用するアプリやお店がある方はこちらがおすすめ!

次に、特定のアプリやお店を頻繁に利用する方におすすめしたいQRコード決済アプリを3つご紹介します!

「メルペイ」

「メルペイ」は、フリマアプリでお馴染みのメルカリが提供しているQRコード決済サービスです。

メルペイはメルカリユーザーなら売上金をそのまま電子マネーとして使えるので、売上金を現金化する手間を省けます。

また、QRコード決済以外にiD決済にも対応しているため、「iD」の対象加盟店ならメルペイで決済することができます。

ただ、他のQRコード決済サービスとは違い、決済のたびに常時ポイント還元は発生しませんし、メルカリを利用していなければ特にメリットはないので、メルカリユーザー以外は他社のQRコードサービスを選んだ方が良いでしょう。

ポイント還元率 なし
加盟店数 170万店以上
支払い方法 前払い
補償金額 全額補償
カスタマーサポートの受付時間 メールのみ

「FamiPay」

「FamiPay」は、大手コンビニチェーンのファミリーマートが提供しているQRコード決済サービスです。

クレジットカードを登録していなくても常時0.5%のポイント還元がありますが、ファミマTカードと提携させれば還元率が0.5%から1%にアップします。

また、FamiPayアプリに「dポイント」「楽天ポイント」「Tポイント」のポイントカードを連携することも可能で、決済時にFamiPayアプリを提示するだけで連携したポイントも貯まるようになります。

ただ、他社と比べると使えるお店がかなり少ないため、頻繁にファミリーマートを利用していて、かつファミマTカードを持っている方以外はFamiPayを使うメリットはあまり感じられないかもしれません。

ポイント還元率 0.5%~1%
加盟店数 非公開
支払い方法 前払い
補償金額 10万円まで
カスタマーサポートの受付時間 9:00~21:00(年中無休)

「Amazon Pay」

「Amazon Pay」は、大手通販サイトのAmazonが提供しているQRコード決済サービスです。

Amazon Payを利用するには、クレジットカード情報が登録されたAmazonアカウントが必要です。

Amazon Payに登録すれば、Amazonアカウントの登録情報を利用して他社の通販サイトで決済できるので、決済のたびに住所やクレジットカード情報を入力する必要はありません。

また、Amazon Payは実店舗でのQRコード決済にも対応していますが、加盟店の数は非常に少なく、大手コンビニやスーパー、ドラッグストアなどのチェーン店に対応していないのが現状です。

今後、加盟店は増えていくと思われますが、実店舗でQRコード決済を利用するなら他社のサービスを選んだ方が良いでしょう。

ポイント還元率 なし
加盟店数 非公開
支払い方法 後払い
補償金額 30万円まで
カスタマーサポートの受付時間 24時間、年中無休

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。